政策・マーケット

若手農家集結! 全国青年農業者会議が2/26-27に開催

これからの農業を語り合う、熱い2日間がやってくる! 日本の農業の担い手として各地で活動する4Hクラブメンバーのプロジェクト発表や、先進農業技術へのパネルディスカッションなどの盛りだくさんな「第58回全国青年農業者会議」がまもなく開催!

これからの農業について
全国の農業者と語り合う場に

20~30代前半の若い農業者が中心となって組織される、全国農業青年クラブ連絡協議会(4Hクラブ)員が集う、プロジェクト発表・意見発表の大会「全国青年農業者会議」が、今年も東京で開催される。

1日目は毎年熱気に包まれる、4Hクラブ員による取り組み成果・意見発表。全国予選を勝ち抜いてきた各地の農業者代表が、これからの農業についての熱い思いを発表する。

そして2日目に行われるのは、先進農業技術のプレゼンテーション大会「先進技術アワード農業2.0」だ。ITを活用した農業用サービスを提供する企業からエントリーを募り、Facebook上での投票審査を経て決定したファイナリスト企業3社によるプレゼンテーションが行われる。

若手の農業者たちが体験した成果をお互いに発表しあい、学び、語らえるこの大会。4Hクラブ員以外の学生・社会人、一般消費者、一般企業の方も聴講できるそうなので、興味のある方は参加してみてはいかがだろうか。

詳細・申込はこちらから!(締切日:2月22日(金))
>>参加申込フォーム

プログラム

【2月26日(火)】
●プロジェクト発表

青年農業者の代表によるプロジェクト発表を行う。
●青年農業者の意見発表
青年農業者の代表による意見発表を行う。
●平成30年度優秀農業青年クラブ表彰2次(最終)選考会
代表農業青年クラブによる活動発表を行う。
●会議オリエンテーション ※4Hクラブ員のみ
会議の効果的・能率的な運営を図るため、行事の進め方、生活等についてオリエンテーションを行う。
●交流の夕べ ※4Hクラブ員のみ
全国の農業青年や関係者が集い、情報交換や親睦を深め、ネットワークづくりの基盤を作る。

【2月27日(水)】
『先進技術アワード農業2.0 ~広がるテクノロジー 起こせアグリウェーブ~』
●講演
「~農家の小さな改善活動~」阿部梨園マネージャー/FARMSIDE works 代表 佐川友彦 氏
●ファイナリストプレゼンテーション
株式会社ポケットマルシェ/株式会社ビビッドガーデン/株式会社 TrexEdge
●自由交換
宿舎内外において情報交換及びネットワークづくりを図る。

第58回全国青年農業者会議

●日程:平成31年2月26日(火)~27日(水)
●時間:<26日>受付:12:30〜/開会式:13:00〜 <27日>9:00~
●場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)
●参加費:1日目:2,000円/2日目:2,000円/両日参加:3,000円
●主催:全国農業青年クラブ連絡協議会
●後援:農林水産省、全国指導農業士連絡協議会、公益社団法人大日本農会、
社団法人全国農業改良普及支援協会、公益社団法人国際農業者交流協会

問い合わせ

全国農業青年クラブ連絡協議会
Mail: zenkyo4h@gmail.com
Tell:080-5624-6660
担当:事務局長 三浦

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 収穫ロボットが初期コストゼロで使える!従量課金型で提供開始
  9. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  10. “循環型社会”を体現した体験型施設「KURKKU FIELDS」が今秋オープン!
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル