道工具・資材

完成間近のキュウリの大規模栽培施設『ゆめファーム全農SAGA』に潜入! そこで採用されていたのが、軽量鉄骨ハウス『G-Castle鉄骨ハウスProII』だ。足場をはじめとする仮設機材で知られるタカミヤが農業分野に参入して5年、着々と実績を積み重ねてきたタカミヤの技術が今、大きく花開こうとしていた。

日本の農業の未来を創出。低コスト鉄骨ハウスで多収量栽培を実現!

圧倒的な低価格ながら、耐久性に優れていると話題の鉄骨ポリカハウス。今回はいよいよモデルハウスの中を見学して、その設備をレポートする。連載第3回のオフグリッド化に続いて、連載最後となる今回は、豊富なオプションの使用例をご紹介しよう。

水耕栽培と養液土耕栽培、養殖まで同時にできる!? 話題の鉄骨ポリカハウスの設備を見学

近年注目を浴びている"バイオスティミュラント"。名前は知っていても、具体的にどんな効果があるのか知らない人も多いだろう。そこで今回、アグリジャーナル編集部ではゼロから基礎知識を大特集! これを読めば、あなたもバイオスティミュラントマスターになれる……!

【編集部厳選】いま話題の「バイオスティミュラント」って何? 基礎知識と効果まとめ

多くの皆さんが大好きに違いないアサヒビール。その製造工程で生じるビール酵母をベースにしたバイオスティミュラント製品が今、にわかに注目を集めている。ゼロから学ぶバイオスティミュラント基礎講座『セルエナジー』編。

植物の免疫力と鉄吸収力を高める! “ビール酵母”がベースのバイオスティミュラントの実力とは

高度に環境を制御すれば一時的に収量は増えるが、それは長くは続かない。やがて地力が落ち、病害が酷くなり、収量が安定しなくなる。ゼロから学ぶバイオスティミュラント基礎講座『地力の素』編。

10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは

産業用小型無人ボートが、UAV(無人航空機)分野初となる2019年グッドデザイン賞を受賞した。水田での除草剤散布の相棒として、今後ますます注目されそうだ。

除草剤の散布を効率化! 小型無人ボート『TB02』がグッドデザイン賞を受賞

バイオスティミュラントは実際にどのような効果を生んでいるのか?製品を使いこなして、効果を実感している農家を訪ねた。ゼロから学ぶバイオスティミュラント基礎講座『アヅ・リキッド』編。

台風被害に遭ったブロッコリーが復活! バイオスティミュラントはどれくらい凄い?

近年、環境への配慮を、企業にとって負担ととらえるのではなく、強みとして持続的な成長へとつなげていく差別化戦略(CSV=Creating Shared Value)をする企業が増えている。そのCSVのファッション界の代表と言ってもいいのが、パタゴニアだ。

あのパタゴニアがワークウェアを日本展開! 高機能だけでなく未来を見据えた取り組みとは

「第9回農業Week」では、農業・畜産における大ヒット商品や最新技術、計680社が集結。最新のアシストスーツや、データを活かした農業経営を実現するIoT製品、ドローン、植物工場など幅広いジャンルの中から、編集部注目のアイテムをピックアップ!

アイテムを駆使する時代に。いま注目の農業・畜産の最先端技術5選!

"イチゴ王国"栃木で、50年に渡ってイチゴを生産している老舗農家が谷中農園だ。ここでは基礎技術を大切にする同園を陰から支える名脇役をご紹介しよう。

栃木の老舗農家に聞いた! 美味しいイチゴ作りの秘訣は「基礎技術を大切にすること」

1 2 3 19

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 水耕栽培と養液土耕栽培、養殖まで同時にできる!? 話題の鉄骨ポリカハウスの設備を見学
  3. バラ・トマト・イチゴ農家が語る 低温CO2施用機『真呼吸』の実力とは
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 若者の農業離れに警鐘! “都市に暮らす人々と農業をつなぐ場”が鍵になる
  8. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル