道工具・資材

いままで自分のクルマには取り付けできないと思っていた方にも朗報。ありとあらゆるクルマにカンタンに取り付けられる、ドライブレコーダーが発売した。

取り付けの手間が不要! あらゆる車に対応したマグネットタイプのドライブレコーダー

2020年大注目の農業資材「バイオスティミュラント」。非生物的ストレスを和らげ、植物そのものを丈夫にする効果を持ち、昨今の異常気象にも対応するものとして期待されている。その効果と役割を押さえて、農業の“困った”に対処する新たな選択肢を手に入れよう。

植物自体の状態を整える“バイオスティミュラント”とは? 農家の困りごとに新たな選択肢

各国で除草剤の利用量を削減するロボット開発が進んでいる。スイスでは、除草剤の散布量を9割も削減したロボットが開発され、実証実験にも成功している。

除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい

ついつい動かしてみたくなってしまう草刈機を導入する時が来た! 今回ご紹介するのは、ラジコン&ロボット草刈機。最新農機を導入して、次世代の農業スタイルを実現しよう。

雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選

最新機能がついた軽トラに乗りたい! そんな人に紹介したいのは、ダイハツのハイゼット。機能性だけでなくデザインにこだわりたい人にもおすすめだ。

最新機能搭載の今ブームな次世代軽トラって? 改良を重ね秀逸された「ハイゼット」

園芸アイテムやウェアもこだわりのモノがさまざま出てきている。使い勝手も見た目も良いものを、取り入れてみるのはどうだろうか。

作業の効率アップに繋がる? 使い勝手も見た目も秀逸な園芸アイテム&ウェア

耐久性と乗り心地でタイヤを選ぼう。乗用車用タイヤの世界的ブランド”コンチネンタル”がトラクター用のタイヤ供給を始めている。

トラクター用タイヤは何で選ぶ? 乗り心地と耐久性を追及した農家注目のタイヤとは

除草剤利用を削減する防草ロボット開発が各国で進行中だ。イギリスでは、電流で雑草を枯死させるロボットの開発に成功した。

世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは

「農機のメンテナンスは自分で……」という方も少なくないはず。その心意気は良いのだが、農閑期にプロのメンテナンスを受けることをお奨めしたい。今回は、三菱農機のサービス工場にお邪魔して、プロによるメンテナンスの重要性についてお伺いした。

農閑期にこそプロによるメンテナンス! 農機のロングライフ&作業効率アップの新習慣を

農作業に利用するだけじゃもったいない! 2020年はスタイリッシュなアグリジャケットに是非注目してほしい。細部にこだわって開発された山善のジャケットは、もちろん機能性も抜群だ。

汚れる作業は「着脱式エプロン」で腹部をガード! 農家の方々の声から開発された高機能アグリジャケット

1 2 3 21

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正