道工具・資材

多機能・無人・見える化!最新高性能ロボット農器具

ここまできたか!高性能ロボット農機具が農作業を強力サポート!アタッチメント交換でユーザーに合わせた機能を持たせたり、病害リスクの予測をしたり、無人で作業を行うトラクタなど。頼りになる最新のロボット農機具をご紹介。

待望の自動運転トラクタが
市場“初”投入された!

クボタが、有人監視下での無人による自動運転作業(耕うん、代かき)を可能にした「アグリロボトラクタ」のモニター販売を6月から開始した。
昨年『ファームパイロット(Farm Pilot)』シリーズと称したGPS農機を発売していたクボタだが、この「アグリロボトラクタ」は第3弾。新たに、既に発売済みのGPS農機よりさらに高度化した自社開発RTK-GPSユニット(IMU一体型)やオートステアリング、安全装置を搭載し、農作業の高効率化や高精度化、省人化、さらには軽労化を図った。

具体的には、有人監視下での無人機1台による自動運転作業と、作業者1人で無人機と有人機を使用した2台協調運転作業が可能となる。レーザースキャナ、超音波ソナーを装備し、圃場への侵入者や障害物に近づくと自動で停止するなど、安全装備も徹底強化している。

作業者1人で無人機と有人機を使用した2台協調運転作業の様子。

アグリロボトラクタ「SL60A」

60馬力/価格:970万円(RTK基地局無し)、1,100万円(RTK基地局付き)
問/株式会社クボタ
※問い合わせは最寄りの販売店まで

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/27(月)発行!
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 世界初! 光合成をリアルタイムで計測する「光合成計測システム」は何が凄い?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正