道工具・資材

多機能・無人・見える化!最新高性能ロボット農器具

ここまできたか!高性能ロボット農機具が農作業を強力サポート!アタッチメント交換でユーザーに合わせた機能を持たせたり、病害リスクの予測をしたり、無人で作業を行うトラクタなど。頼りになる最新のロボット農機具をご紹介。

待望の自動運転トラクタが
市場“初”投入された!

クボタが、有人監視下での無人による自動運転作業(耕うん、代かき)を可能にした「アグリロボトラクタ」のモニター販売を6月から開始した。
昨年『ファームパイロット(Farm Pilot)』シリーズと称したGPS農機を発売していたクボタだが、この「アグリロボトラクタ」は第3弾。新たに、既に発売済みのGPS農機よりさらに高度化した自社開発RTK-GPSユニット(IMU一体型)やオートステアリング、安全装置を搭載し、農作業の高効率化や高精度化、省人化、さらには軽労化を図った。

具体的には、有人監視下での無人機1台による自動運転作業と、作業者1人で無人機と有人機を使用した2台協調運転作業が可能となる。レーザースキャナ、超音波ソナーを装備し、圃場への侵入者や障害物に近づくと自動で停止するなど、安全装備も徹底強化している。

作業者1人で無人機と有人機を使用した2台協調運転作業の様子。

アグリロボトラクタ「SL60A」

60馬力/価格:970万円(RTK基地局無し)、1,100万円(RTK基地局付き)
問/株式会社クボタ
※問い合わせは最寄りの販売店まで

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  4. 山田杏奈&大友花恋 “新米姉妹”がつなぐ食のバトン
  5. 農家の収入を守る「収入保険」、2019年1月スタートの申込期限は12月末まで!
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 農業の人材不足を解決! 農業特化のデイワークアプリ 「シェアグリ」って?
  9. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  10. 低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル