道工具・資材

きのこ農家に朗報! ハエを”泡”で捕る捕虫器が登場

昨今、食料品への異物混入が多発しており、食品メーカーが自主回収するケースが相次いでいる。中でも一番多いのが「虫など」によるケース。きのこ業界においても例外ではなく「きのこバエ」に頭を悩ませている生産者は多い。 

農薬が使えないきのこ栽培室
生産者のアイデアから捕虫器誕生

国民生活センターが平成27年に発表した「食品異物混入に関する相談の概要」では、2009年以降の相談件数は約16000件。中でも最多なのが「虫など」によるケースで345件だった。

きのこ業界でも「きのこバエ問題」に多くの生産者が頭を悩ませている。「きのこバエ」とは「クロバネキノコバエ」など色々な種類のハエを総称したもの。「きのこバエ」は栽培室に侵入して菌床に産卵し、孵化した幼虫がきのこや菌糸を食べ、害菌汚染を引き起こす。幼虫が付いたきのこを出荷してしまうと”異物混入”となり消費者の信用を損なう問題につながる。

幼虫は半透明で気づきにくく、きのこ栽培室では農薬が使えない。異物混入被害を最小限に抑えることはできないかと苦慮していた岩手県のきのこ生産者のアイデアをもとに、温度・湿度調節、制御機器の専門メーカー「株式会社ニッポー」が、捕虫器「ハエと~る」を開発した。

業界では珍しい”泡“を使った
捕虫方法の仕組みとは?

 

捕虫器「ハエと~る」

従来の捕虫方法には、誘虫ランプで誘引しファンを使うものや粘着シートなどがある。誘虫ランプは網袋で捕虫するため繰り返し使用可能なこと、粘着シートは単価が安く手軽なことがメリットだ。

しかし、誘虫ランプにはファンから逃げるハエがいたり、粘着シートにはシートの交換作業が手間であったりと、デメリットもある。

今回開発された「ハエと~る」は、オリジナル配合の捕虫液を入れた水をエアレーションし泡を発生させ、捕虫液の香りと紫外線ランプに引き寄せられたハエを泡で捕虫する、新しい捕虫方法をとっている。

実際のきのこ栽培ハウスで行った自社実験では、24時間で2564匹のハエを捕獲した。また、捕虫液は人体に影響がない「95%天然原料の捕虫液」を使用しているので安心だ。デメリットを挙げるとすれば水の交換が必要なことだろうか。

今後、他業界にも応用していくという「ハエと~る」。きのこ農家の方は試してみてはいかがだろうか。

問い合わせ

株式会社ニッポー
TEL:048-255-0066

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  6. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正