道工具・資材

土壌を汚染しないのに効果は抜群! 安全性の高いアミノ酸系の除草剤

豊富な品揃えを誇るホームセンターだからこそ見つかるアイテムがきっとある! コスパに優れているだけでなく、たしかな実力を持ったアイテムを発見!

安全性と効き目、
あわせて選ぶならコレ!

農耕地登録のある除草剤なので、安心して使用可能。大切な土壌を汚染せずにしっかり除草ができる。

毎年頭を悩ませる雑草対策。ナフコおすすめの商品が、うすめて雑草の葉にまくだけで、葉や茎から吸収され、根まで枯らせる除草剤だ。根まで枯れるので、枯れた雑草の再発生が無く、除草効果は長く続く。

心配なのが土壌への影響だが、土に落ちた散布液は微生物の働きにより、水、炭酸ガス等の無害物質に分解され不活性化するため、土壌を汚染することはないという。そのため除草後でも植物の移植や種まきができるのも嬉しい。

【ハーブニート】
¥5,980(税込)内容量:5L

問い合わせ

株式会社ナフコ
TEL:093-521-1685

AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 植物自体の状態を整える“バイオスティミュラント”とは? 農家の困りごとに新たな選択肢
  8. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正