再エネ・最新技術

“完全自動化農場”も……!? 国内外の最新「AIシステム&ロボット」9選

農家の働き方を改善してくれる、今年注目のAIシステム&ロボットをご紹介! 最新技術を活用すれば、農業の未来が大きく変わりそうだ。

全自動野菜収穫ロボット

設定通りに圃場を移動し、収穫適期の野菜のみを自動で判断して収穫するロボット。きゅうり、アスパラガスに対応。2020年にピーマン、トマト、ナスにも対応予定。病害判定等を行える拡張機能も。初夏リリース予定 ※ロボットが収獲した収穫高に対して15%マージンの従量課金型モデル

問/inaho株式会社
TEL:0467-37-5279



AI潅水施肥システム
ゼロアグリ

クラウドに実装された栽培アルゴリズムで、潅水・施肥を自動化。潅水施肥にかかる工数の9割を削減できる。本体価格120万円~ ※オプション資材費、工事費は別途見積り

問/株式会社ルートレック・ネットワークス
TEL:044-819-4711

agbee(アグビー)

アタッチメント着脱型の多機能型農業ロボット。先を歩く農家の後ろを自動追従。農薬、肥料、収穫物の運搬、除草、害獣見回りなどをこなす。価格未定。

問/中西金属工業株式会社
TEL:06-6351-4832
メール:nkc.agri@gmail.com

MY DONKEY®(マイドンキー)

※画像は2018年9月26日時点の試作機

農家の後ろをぴったり追従する相棒ロボット。作物の運搬だけでなく、収穫量の計測や予測、草刈りもできる。価格未定。2019年発売予定

問/株式会社日本総合研究所創発戦略センター
TEL:03-6833-6565

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  5. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル