「海外トレンド」の検索結果

園芸作業や農作業に欠かせない数々のアイテム。利便性ももちろん重要だけど、それだけでは物足りない。おしゃれで、使う度にわくわくするようなハイセンスなものを使いたい! 今回は、名古屋のデザイン集団がセレクトした、海外でも愛されるアイテムをご紹介。

便利でハイセンス!海外でも愛される園芸アイテム3点

海外で人気の果物や農作物。日本の気候が栽培に適さないことや輸入時の品質保持の難しさから、国内ではほとんど流通していないものも。そんな海外産果物も「農業とIoTの組み合わせ」によって、誰でも簡単に育成できる未来が来るかもしれない。

海外産の人気果物、国内栽培できるようになるかも?

2本のアームを、ヒトの腕のように使い分けるカリフラワー収穫ロボットがイギリスで開発された。3年以内の実用化が期待される、最新技術をご紹介。

まるでヒトの腕! 様々なタスクをこなす収穫ロボット

種苗メーカー「ロウ7シード」は米国の有名シェフと育種家によって創設された新たな農業アイテムだ。それぞれの恊働によって生まれたアイテムはいったいどんなものなのだろうか?

有名シェフと育種家によるユニークな種苗メーカー誕生

世界各地で生まれる次世代農業アイデアとは?今回は、オランダの首都アムステルダムでの地域支援型農業サービスをご紹介!生産者と消費者をつなぐこのサービスの実態とは?

農家と消費者を繋ぐ!農業界で話題のCSAとは?

世界で広がる様々なソーラーシェアリングを紹介するワールドビューのコーナー。今回は、インド、イタリア、アメリカでの取り組みをご紹介!太陽光と組み合わせた点滴灌漑で、インドの人々は何を生み出すのか?

太陽光×農業がイノベーションを巻き起こす!

完成された状態のイスを収穫する―。まるでSF小説のような話を実現させようとしている生産者がイングランドにいる。古くから伝わる技巧と現代の技術を組み合わせて生まれた、新たな生産のあり方にせまる。

完成した家具を「収穫」する!? ユニークで格好良い生産のカタチ

美味しい農作物を育てるためには、農作物を常に健康な状態で栽培する必要がある。しかし、健康かどうかの判断を、誰もができるわけではない……。そこで登場したのが、農作物の健康状態が分かるアプリである。

農作物の異常を自動診断するスマホアプリがすごい

廃車寸前の車がぶつかり合い、本当の廃車にしてしまう「デモリション・ダービー」はアメリカで大人気のカースポーツ。この度、ミッドウエスタン州でトラクターの王を決める「トラクター・ダービー」が行われた。なんとも豪快でアメリカンなこの競技について紹介!

知っていますか?海外の訳あり「トラクター・ダービー」

農作物の物流インフラが十分に整備されていないウガンダで、開発が進められているソーラー保管庫付き電動三輪車「フルーティ・サイクル」。収穫された農産物を新鮮なまま、安定して消費者へ届けられると期待が高まっている。

【農業×再エネ】野菜を新鮮なまま運べる! エコで使える電動三輪車

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 若者の農業離れに警鐘! “都市に暮らす人々と農業をつなぐ場”が鍵になる
  3. 誰でも高精度に施肥できる! スマート農業を支える肥料散布機とは?
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 【読者モデル募集】こだわりのアグリウェアを体感! 撮影後はそのままプレゼント!!
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル