「農水省」の検索結果

これまで40年間行われてきた米の生産量調整「減反政策」が2018年度産より廃止となるが、生産者にとってのメリットやデメリットは何か? また、農水省が発表した最新の"2018年度米"の作付動向とは?

2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?

秋から冬にかけての悪天候や寒波の影響で、野菜の高騰が続いているが、改善の兆しはあるのか? 農林水産省が、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の主産地等から行った聞き取り調査から、生育状況及び価格見通し(平成30年3月)についての最新動向を紹介する。

最新版! 農水省発表の野菜の生育・価格動向

一晩で農作物を食い荒らしてしまう野生鳥獣に頭を抱える人も多いのでは。農水省は、平成28年度の野生鳥獣による農作物被害を発表。農地を囲む防護柵設置などの対策が功を奏したのか、被害は減少している。

野生鳥獣による農作物被害が4年連続減少!ー農水省

近年、日本の荒廃農地面積は増加傾向にある。荒廃農地が増えることは何を意味し、どのような問題につながるのか。その対策についても考える。

高齢化、就農者減少……荒廃農地増加が意味すること

その年の優れた農業技術を称える「2017年農業技術10大ニュース」。そのひとつとして、水田防除用の自動運転技術を搭載した「ロボットボート」が選ばれた。農水省を唸らせた、これまでの常識をくつがえす薬剤散布用ボートの実態とは?

本田防除がラクになる! 操作不要の「薬剤散布用ロボットボート」

農水省が発表した「2017年農業技術10大ニュース」に、青切りタマネギの収穫・出荷効率をアップする「新型収穫機」と「専用のフレコンバッグ」が選ばれた。作業を機械化することによる、生産者のメリットとは?

タマネギ農家の作業が半分に! 機械導入の魅力とは

世界農業遺産をご存知だろうか? 世界において重要であり、伝統的な農林水産業を営む地域を認定するこの制度で、日本は9つの地域が認定を受けている。今回は、劣悪な環境の中で工夫を凝らして梅の生産を行う、和歌山県のみなべ町を紹介する。

日本が世界に誇る伝統の農業! 世界農業遺産とは?

「全国デジタル土壌図」をご存知だろうか? ウェブで簡単に、全国の土壌の性質や分布がわかるという。その年の農業トピックが分かる、農水省の「2017年農業技術10大ニュース」のひとつとしても選定されたこの土壌図、どんなメリットがあるの? 

250万アクセス超!全国の農耕地,林野土壌図が無償で

農作物の鳥獣被害は年々増加。逆転の発想で「ジビエを地域振興の起爆剤に!」と立ち上がった古座川ジビエ振興協議会。「ジビエでは不可能」と言われた全国ご当地バーガーグランプリで優勝をおさめ、産業・観光振興に成功したのはなぜか……? 農業と地方創生・地域活性化を繋ぐヒントが見えてくる。

農業で地域活性化!ジビエの常識を覆した町の漢たち

農林水産省農林水産技術会議が発表した「2017年農業技術10大ニュース」に、「高能率軟弱野菜調製機」が選ばれた。この機械を使えば、ホウレンソウの出荷作業の効率が格段にアップする。人手不足に悩むホウレンソウ農家を強力にサポートする技術になるのでは、と期待されている。

ホウレンソウ農家に朗報! 4人作業が2人作業に!?

1 2 3 4 5

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  5. 遠隔監視&遠隔潅水システムをDIY! 参考にしたい低コストな作り方
  6. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  7. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 田んぼの水位をスマホで確認! 見回り時間を大幅削減するツールとは?
  10. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル