再エネ・最新技術

<速報>見つけました! 次世代農業のトレンド③

ペッパーくんの説明で、e-kakashiの特長を知る

ps_001
ps_002
熟練農家の知識や勘といった栽培技術を、IoTを使ってわかりやすく、ユニークなアプリを使って伝えることを可能にする「e-kakashi」は、すでに全国100カ所以上の農場で導入中。特長であるeレシピなどのアプリについても、日々アップデートが行われているとのことで、常に最新のものを活用できるのも大きな魅力だ。ブースではペッパーくんによるガイダンスや、扇子型のユニークな資料が大好評、多くの来場者で賑わっている。

HP:PSソリューションズ

 

ハイブリッド・パネルで、発電と給湯をW活用!

nissin_001
nissin_002
日進商事では、施設園芸(ビニールハウス)における燃料代・電気代のコスト削減案として、太陽光発電と太陽熱利用給湯を同時に実現するハイブリッド・パネルを活用した「スマートアグリシステム」を提案。発電した電気はハウス内の照明や空調機器に活用、熱エネルギーによって作られたお湯を培地内(地中)の温湯パイプで循環させて、温度管理に役立てるという画期的システム。現在、ハイブリッド・パネル16枚を使って、1.9kWの発電と5.6kWの給湯を同時に行う実証実験も進行中とのこと。

 

ポリカーボネイト製のエコな農業用ハウス

mjp-daiyoshi_001
mjp-daiyoshi_002
ガラスの10分の1の軽さながら、強度が15倍あるポリカーボネイトの中空板を採用した農業用ハウスを展示、大反響を呼んでいるブース。岩盤浴の環境構築システム、屋根融雪・床暖房などの総合ヒーティングシステムを提供するMJPと、農業用ハウスの施工などを手がけるダイヨシ・コーポレーションの異色コラボによって展開するこの新しい農業用エコハウス。今回のイベント出展にあわせ、まずは同素材の間口2.74m、奥行2.35mの「D.I.Y.多目的ハウス」の販売をスタート。施設園芸用のハウスについては、今後もパートナーシップを広げ、開発と実証を続けて行くとのこと。

HP:MJPダイヨシ・コーポレーション


日本最大の農業総合展
『農業ワールド2016』

会場:幕張メッセ
会期:2016年10月12(水)~14(金)
HP:農業ワールド2016公式サイト


Text:Moriyuki Hatayama(partisan)

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  3. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い
  9. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  10. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル