注目キーワード

最新技術

JGAP認証取得に向けて! 役立つ農業クラウドリスト

JGAP認証を取得するには、GAP(農業生産工程管理)を基準通りに行うことが必要だ。クラウド上で作業の記録・共有ができ、管理が楽になるイチオシサービスをご紹介。

GAP支援+
欲しいサポートをカスタム

食・農クラウド Akisai(秋彩)

POINT:生産から販売まで見える化

生産管理だけではなく、経営や6次産業化などの販売までを支援するクラウドサービス。“農業生産管理SaaS生産マネジメントS”や“アセスメントガイド運用支援システム”でGAPの取り組みをサポートしている。

なかでも、生産管理を見える化する“農業生産管理SaaS生産マネジメントS”では、計画・記録・確認の3ステップに分けて利用することができ、グローバルGAPで必要とされる農薬・肥料の在庫管理や、農薬散布の終了時刻などの詳細な管理も可能。あらかじめ登録されているJGAP、グローバルGAPの点検シートにより、GAP項目の達成状況をグラフで一目で確認できる。


価格:農業生産管理SaaS生産マネジメントS/5,000円/月 ※別途、初期費用
問い合わせ:富士通
電話番号:0120-933-200

 

Agri Assistant

POINT:次世代ツールでサポートいろいろ

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーとして知られるオプティムが提供する農作業記録・GAP取得支援サービス。肥料設計情報、農薬管理、病害管理といったGAP取得に必要な農作業情報が記録・蓄積できる。自動音声入力に対応しているため、手が汚れるような作業中でも簡単に記録が残せる。

日本GAP協会によりJGAP推奨システムとして認定を受けており、同社が提供している「Agri Field Manager」と併用して使用することで、病害虫の発生状況の把握を行い、その状況への対処を記録するといった、GAP取得に必要となる一連の農作業情報をサポートする。また、今後グローバルGAPにも対応する予定だ。


価格:別途ご相談
問い合わせ:株式会社オプティム 

 


text>>Reggy Kawashima

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...
  8. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正