注目キーワード

最新技術

JGAP認証取得に向けて! 役立つ農業クラウドリスト

JGAP認証を取得するには、GAP(農業生産工程管理)を基準通りに行うことが必要だ。クラウド上で作業の記録・共有ができ、管理が楽になるイチオシサービスをご紹介。

GAP支援+
欲しいサポートをカスタム

食・農クラウド Akisai(秋彩)

POINT:生産から販売まで見える化

生産管理だけではなく、経営や6次産業化などの販売までを支援するクラウドサービス。“農業生産管理SaaS生産マネジメントS”や“アセスメントガイド運用支援システム”でGAPの取り組みをサポートしている。

なかでも、生産管理を見える化する“農業生産管理SaaS生産マネジメントS”では、計画・記録・確認の3ステップに分けて利用することができ、グローバルGAPで必要とされる農薬・肥料の在庫管理や、農薬散布の終了時刻などの詳細な管理も可能。あらかじめ登録されているJGAP、グローバルGAPの点検シートにより、GAP項目の達成状況をグラフで一目で確認できる。


価格:農業生産管理SaaS生産マネジメントS/5,000円/月 ※別途、初期費用
問い合わせ:富士通
電話番号:0120-933-200

 

Agri Assistant

POINT:次世代ツールでサポートいろいろ

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーとして知られるオプティムが提供する農作業記録・GAP取得支援サービス。肥料設計情報、農薬管理、病害管理といったGAP取得に必要な農作業情報が記録・蓄積できる。自動音声入力に対応しているため、手が汚れるような作業中でも簡単に記録が残せる。

日本GAP協会によりJGAP推奨システムとして認定を受けており、同社が提供している「Agri Field Manager」と併用して使用することで、病害虫の発生状況の把握を行い、その状況への対処を記録するといった、GAP取得に必要となる一連の農作業情報をサポートする。また、今後グローバルGAPにも対応する予定だ。


価格:別途ご相談
問い合わせ:株式会社オプティム 

 


text>>Reggy Kawashima

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた...
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  9. 手押し一輪車を電動化へ! 作業負荷を軽減できる改造キット「E-cat kit」とは...
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正