注目キーワード

最新技術

JGAP認証取得に向けて! 役立つ農業クラウドリスト

JGAP認証を取得するには、GAP(農業生産工程管理)を基準通りに行うことが必要だ。クラウド上で作業の記録・共有ができ、管理が楽になるイチオシサービスをご紹介。

GAP支援+
欲しいサポートをカスタム

食・農クラウド Akisai(秋彩)

POINT:生産から販売まで見える化

生産管理だけではなく、経営や6次産業化などの販売までを支援するクラウドサービス。“農業生産管理SaaS生産マネジメントS”や“アセスメントガイド運用支援システム”でGAPの取り組みをサポートしている。

なかでも、生産管理を見える化する“農業生産管理SaaS生産マネジメントS”では、計画・記録・確認の3ステップに分けて利用することができ、グローバルGAPで必要とされる農薬・肥料の在庫管理や、農薬散布の終了時刻などの詳細な管理も可能。あらかじめ登録されているJGAP、グローバルGAPの点検シートにより、GAP項目の達成状況をグラフで一目で確認できる。


価格:農業生産管理SaaS生産マネジメントS/5,000円/月 ※別途、初期費用
問い合わせ:富士通
電話番号:0120-933-200

 

Agri Assistant

POINT:次世代ツールでサポートいろいろ

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーとして知られるオプティムが提供する農作業記録・GAP取得支援サービス。肥料設計情報、農薬管理、病害管理といったGAP取得に必要な農作業情報が記録・蓄積できる。自動音声入力に対応しているため、手が汚れるような作業中でも簡単に記録が残せる。

日本GAP協会によりJGAP推奨システムとして認定を受けており、同社が提供している「Agri Field Manager」と併用して使用することで、病害虫の発生状況の把握を行い、その状況への対処を記録するといった、GAP取得に必要となる一連の農作業情報をサポートする。また、今後グローバルGAPにも対応する予定だ。


価格:別途ご相談
問い合わせ:株式会社オプティム 

 


text>>Reggy Kawashima

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...
  2. 福岡と愛知でも開発中! 生育データを活用したイチゴ栽培システム
  3. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  4. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  5. 多様なニーズに応える新品種イチゴ 農研機構と民間企業の共同開発に注目!...
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  8. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  9. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  10. 割れを防いで良品率アップ! 天然保水性ポリマー「EFポリマー」がニンジンのブランド化に貢献...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正