就農

平成28年新規就農者調査によると、49歳以下の新規就農者が3年連続で2万人を超えた。農業に新たに取り組む若者が増える一方、新規自営農業就農者は減少傾向にある。農家の後継ぎ不足の問題は、あまり好転していないといえる。今回の調査内容の詳細をレポートする。

若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?

三重県は農業を始めようと考えている全国の若者に向けて、新たな養成塾を開設した。農業について学ぶための学校が多くなっている現在、農業経営塾は高度な農業人材の育成を図るため、約半年間かけて先進的な農業技術に加えて体系的に経営を学ぶ場として拡がりをみせている。では、三重県の新しい養成塾とはどのようなものなのか?

前代未聞の農業養成塾「みえ農業版MBA養成塾」開設

米や野菜など、日本の農業を支える重要な産地・新潟県が、ポータルサイトを開設。高齢化が進む農業界では就農者以上に農業から離れる人の方が多く、農家が減少している。この状況を打破するため、全国の後継者候補とリタイヤする県内農家を結びつける仕組み「就農にいがた・スタートナビ」をオープンした。

就農希望者の味方「就農にいがた・スタートナビ」!

農林水産省による平成28年新規就農者調査において、49歳以下の新規就農者が3年連続で2万人を超えるという結果が出た。

農水省調査結果「新規雇用就農者数」が増加!

農林水産省の交付金を更に活用できる「農業経営基盤強化準備金制度」について、農林水産省 経営局 就農・女性課 就農促進グループ 北 明彦さんに伺った。

1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」

農業疑似体験ゲーム「ファーミング・シミュレーター」!最新タイトルである2017年版は、昨年末までにすでに100万本以上を売上。忠実に再現されたゲーム世界で播種から収穫までの一連の流れを知ることができ、農業従事者も農業を知らない人も楽しめる。

ゲームが今の農業を救う? 農業シムが広げる就農人口

農林水産業に関わる補助金は様々。その数と種類が多いことから、自分の条件や目的に合致した補助金を探すのはとても大変。今回ご紹介するのは、農水省がリリースしているとっても便利なサービス、"補助金逆引き事典 農業編"だ。

コレは便利! 農水省の「補助金逆引き事典」

農業に参入し、お金を稼ぎ、経営を成り立たせるためには、選定した品目の栽培に伴うリスクや特徴、実際に作業をこなすことが出来るかどうかを熟考したうえで、「栽培計画」を立てなくてはならない。「栽培計画」を立てるためのポイント3つを紹介する。

成功する農業!「栽培計画」の立て方 3つのポイント

農家のこせがれネットワーク代表理事・宮治勇輔の連載「こせがれで変わるニッポンの農業」。第4回は「なぜ、農家の事業承継はうまくいかないのか?」。先代が元気なうちはつい先延ばしになってしまう「事業承継」に、逆転の発送で切り込む。

農家の事業承継がうまくいかない理由、相続との違い

農業とサッカー!? 一見なんの繋がりもないようなこの2つが、奇跡的な融合を見せ始めている。新たな就農スタイルのヒントが、新潟県の越後妻有で行われているユニークで画期的な取り組みの中に見つかるかもしれない。

農業と女子サッカー!? 越後妻有で奇跡的な融合!

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. 嘘、この価格で? クラウド導入でハウス環境最適化
  3. 業界初!収穫効率を上げる「自動ロス制御」コンバイン
  4. 第1回次世代農業セミナー[無料] 11/24(金)開催!
  5. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  6. なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法
  7. GAP認証は3種類ある? それぞれの構成と特徴
  8. やらなきゃ損! いま話題の「GAP」ってなに?
  9. 産地・産業振興に繋げる”6次産業化2.0″とは?
  10. 若手農家の生産物だけを扱うECサイトがオープン!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2017年10月11日発行

お詫びと訂正