注目キーワード

最新技術

埼玉県の農業生産法人が主導して『キャベツ搬送ロボット』を開発した、という驚きのニュースが流れた。そこでアグリジャーナルでは、開発担当メーカーにインタビュー。市販化や他品目への利用の可能性を聞いた。

農業法人が「キャベツ搬送ロボット」を開発! その能力と実用化の可能性とは

少数精鋭で安心・安全なお米を安定的に生産している横田農場の横田さんが導入しているのは、効率的な乾燥調製を可能にするクボタのKSAS乾燥調製システム。横田さんが感じているメリットを聞いた。

コメ農家の味方! 作業効率化・品質管理にもつながる乾燥調製システム

農業・環境・買手にも嬉しい、海外の最新ソリューションを紹介。イスラエルでは食品ロスの削減に貢献する、青果物向け特殊コーティング剤の開発が進んでいる。

食品ロスの削減に! 植物由来で安全な青果物向け食用コーティング剤

ここから新しい何かが始まるのではないか?そんな期待を抱かせてくれる新施設が誕生する。それが埼玉県春日部市に2022年にオープンする未来型総合農業&ロボティクス研究所『春日部みどりのPARK』だ。

未来の農業がここから始まる! 農業&ロボティクス研究所がオープン

海外では、画期的なアイデアが続々と登場している。アメリカで商用販売されているのは、鮮度をのばすコンテナ。特許も取得されている画期的なソリューションだ。

アメリカで販売開始! 青果物や切花の鮮度を長期間保持できるコンテナ

スマート農業のひとつとして注目されているのが、飼料や燃料のタンク監視システム。設置も簡単な「センサー通信機+クラウド」で、タンク残量確認の巡回不要や飼料の枯渇防止など畜産分野で大いに活躍してくれる。

畜産DXへの第一歩に! 飼料タンクの見える化で手間もコストも削減

淡水の使用を削減して塩水を活用するソリューションがサウジアラビアから登場した。淡水を使うより食味・鮮度向上にもつながる技術を見ていこう。

食味・鮮度向上にも繋がる、塩水を活用した新しい環境制御型農業とは

IoTサービス、クラウド、モニタリング…… 横文字で言われてもわからない、と毛嫌いするなかれ。知れば・使えば便利! 人手不足や天候など営農リスク回避の手助けをしてくれる営農支援システムを紹介しよう。

農家さん必見! こんなの欲しかった『営農支援システム5選』

DXにより、人は時間と場所の制約から解放され、どこにいても社会に参加できる。データでつながる農業DXがもたらす、都市農村交流の新たな動きとは。最新事例を紹介しよう。

地域活性につながる! 農業DXを活用した都市農村交流の新たな動き

農業においても一般化してきたデータ分析だが、取得したデータをどのように活用すべきか悩む生産者も多い。その悩みに応え「データ分析を活かした具体的な解決施策」を提供するウェブプラットフォームを紹介しよう。

課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス

1 2 3 30

特集企画

アクセスランキング

  1. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 農業法人が「キャベツ搬送ロボット」を開発! その能力と実用化の可能性とは...
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 水田フル活用政策、来年度は「産地交付金」さらに手厚く
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正