再エネ・最新技術

スマート化が進む農業の現場では、エネルギーコストの問題が付きものだ。ソーラーシェアリングで創った電気を売るのではなく、オール電化の農作業システムで効率的に自家消費する「電創ハウス」とは?

太陽光パネル搭載! 電力コストを削減する「オール電化ハウス」とは?

近年注目されている、「ゲノム編集技術」。まだまだ研究・実験段階だが、業界問わず取り上げられる理由は一体何なのか? そもそもゲノム編集とは? 日本種苗協会会長・金子昌彦氏にお話を聞いた。

ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説

農業用ハウスに今、革命が起きている。設置費用は、ソーラー発電設備付きでも従来のハウスよりも 大幅に低価格を実現。悪天候に耐える頑丈さも誇る。そんなハウスを実際に導入した農家を訪ねた。

ソーラー発電設備付きなのに安い!? 高耐候の農業用ハウスが話題

代官山ワークス、オーレンス税務事務所、TrexEdge、freeeという農業界で注目を集めている4社が、共同で農業イベントを開催。無料から使えるアプリなどを活用した、農業の現場で役立つ便利な「会計」の方法を公開した。

農業界注目の4社がイベント共催! 無料で使える「会計」の極意を伝授!

アグリジャーナル×営農支援サービス「天晴れ」の体験プロジェクト。「代々受け継がれてきた、経験則に基づく刈取り時期のベストタイミングを可視化したい」というのが、水稲農家・宮本さんの実現したいこと。「天晴れ」の活用で確かな手応えを感じた理由とは?

<体験レポート>ドローンや人工衛星で水稲の生育状況を可視化!

ヤマハからついに、薬剤散布ドローンが発売! 無人ヘリコプターで独走し、現場で本当に役立つ一台「YMR-08」の魅力とは?

市街地や住宅地でも安心! 少量の薬剤でムラなく散布する最新ドローン

農業従事者の頭を悩ます会計業務だが、ICTやAIの技術の進歩で、劇的に簡便化されようとしている。今回はクラウド会計ソフトのメリットとともに、現状、農業会計ソフトの筆頭格と目される「freee」の特徴をご紹介する。このソフトで、あなたの農業経営も大きく好転するかもしれない。

確定申告も簡単に! 農業経営に対応したクラウド会計ソフトが登場

圃場の様子を確認できるモニターと、農作業の記録・ 管理に便利な「JGAP」対応システム「みどりクラウド」。この度、複合環境制御盤「ふくごう君」との連携や、新センサーなどが追加され、さらに"現場で使える農業IT"へと進化した。

「みどりクラウド」に新機能! ハウス環境がアプリで操作可能に

SkyLink Japanは、農業用ドローンの販売会社だ。農業ワールドのブースでは、最新鋭のドローンをいち早く展示してアピール。また、「ドローンと社会を正しくつなぐ」を合言葉に、まだ成長途上にある農業用ドローン業界を健全に発展させるべく日夜奮闘している。

「2019年仕様」の最新鋭ドローン展示、完全自動航行で農薬散布が可能に

スウェーデンに本社を構えるハスクバーナは、325年の歴史を誇る老舗メーカーで、1995年に世界初の「ロボット芝刈機」を発売した。現在も世界で最も売れている「Automower(オートモア)」シリーズに、普及モデルを新たに投入し、販路拡大を狙う。

自動で芝を刈ってくれる「ロボット芝刈機」に低価格モデルが登場!

1 2 3 14

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.10 1/18(金)発行!
  2. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  6. 太陽光パネル搭載! 電力コストを削減する「オール電化ハウス」とは?
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル