注目キーワード

最新技術

ハウス内の環境を整え、収量アップや省力化を実現する環境モニタリングシステムの導入が広がっている。環境制御機能の有無など多く選択肢がある中、導入が簡単な『e-minori(イーミノリ)』を紹介する。

電源を入れるだけで自動制御! らくらく導入で収量アップが叶う環境制御システムとは

日本の耕地面積の約4割を占める中山間地域は、農地の集約化や大型機械の活用が難しく、特に苦しい状況にあると言われている。そんな中山間地域にあって、高品質なトマトで着々と地位を築いている地域がある。

地域一丸となって立ち向かえ! 連作病害にも負けない、中山間地域の星『飛騨トマト』

生産データと収穫データと連携させるには、どうすれば良いのだろう? それを行うことで、どんなメリットがあるのだろう? 今回は石川県のとある農業生産者の取り組みを紹介する。

生産と収穫データを連携させるメリットとは? 独自のスマートシステム構築事例を紹介!

ベルギーにある産業技術研究所、「フランダース・メイク」。彼らは圃場の可視化、土壌や地形の分析、作物の生育状況のモニタリングなど、ドローンを使ってイチゴの収穫量を予測する、新しいソリューションを提案する。

ドローンとAIの活用でイチゴの花と実をカウント! 収穫量を予測する新ソリューション

植物の糖レベルを計測する際、従来の方法では植物の一部を切り取る方法があった。スウェーデンの研究チームでは、植物を傷つけることなく維管束組織のグルコースとスクロースのレベルを計測できるバイオセンサーを発明した。

スウェーデンの研究チームが発明! 植物の糖レベルを計測できる画期的なバイオセンサー

元銀行マンにとって農業はベンチャーを志向する選択肢の一つだった。農業をビジネスとして成功させる過程において重要となった、SDGsの取り組みと「アグリーフ」に迫った。

暖房排ガスを再利用するCO2供給装置とは? 銀行出身トマト農園後継者の選択

スマート農業の第一歩として、肩肘張らずにドローン活用に挑戦してみてはいかがだろうか? ここではソレに最適な空撮ドローン2機種を紹介しよう。

圃場の見回りを省力化しよう! 簡単&リーズナブルな空撮ドローン2機

2021年5月現在、政府が国会に航空法等の一部を改正する法律案を提出した。これにより農業のドローン活用が影響を受けそうだ。ここでは農業に関連するドローンの現行制度と、改正後の新制度で何が変わるのか説明しよう。

ドローンに免許制度が導入される! 航空法改正で農業ドローンはどうなる?

経営所得安定対策・中山間地域等直接支払に掛かる現地調査など、地方自治体が毎年行う作付調査では、申請通りの栽培がされていることを多くの人員と時間を費やし確認している。それを劇的に効率化するサービスが今、注目されている。

作付調査の効率化! 自治体向け農業管理DXソリューション『いろはMapper』とは

日本農薬のスマホ用アプリ『レイミーのAI病害虫雑草診断』。これまでの水稲のみだった対象作物が、葉物野菜にも拡大された。復習を兼ねて、あらためて本サービスを紹介していこう。

雑草・病害虫の判別AIアプリが進化! 対象作物の拡大、診断履歴も地図上で可視化!

1 2 3 28

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 液体資材・燃料タンクの中身を見える化! 管理の手間と“うっかり”を防ぎ効率化へ...
  9. 遺伝子を改変してより優れた作物を! ゲノム編集は農業界の革命児となるか...
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.20|¥0
2021/7/14発行

お詫びと訂正