再エネ・最新技術

海外で人気の果物や農作物。日本の気候が栽培に適さないことや輸入時の品質保持の難しさから、国内ではほとんど流通していないものも。そんな海外産果物も「農業とIoTの組み合わせ」によって、誰でも簡単に育成できる未来が来るかもしれない。

海外産の人気果物、国内栽培できるようになるかも?

ドイツの次世代農業のアイデアは、カメラを使って雑草を自動認識し、レーザーを照射することで雑草の生命力を減退させるという画期的なシステム。先進的なテクノロジーの実態とは?

除草剤の使用量が軽減!? 次世代農業レーザーシステム

2本のアームを、ヒトの腕のように使い分けるカリフラワー収穫ロボットがイギリスで開発された。3年以内の実用化が期待される、最新技術をご紹介。

まるでヒトの腕! 様々なタスクをこなす収穫ロボット

農業において「業務プロセスの改善」や「生産性の向上」は常に考えなければならない事柄だ。今回はそんな悩みに役立つと期待され、農業機械やソフトウェアが生成する様々なデータを転送できる次世代アイテム、「アグリルーター」を紹介する。

様々なデータが転送可能! 農業データプラットフォーム

農業機械の分野で初めて、複数の小型ロボットを応用するシステム「MARS」。軽量で昼夜も問わず稼働することができるというロボットを紹介しよう。

ロボットの群れが自動で条播き!? 最新システムとは

JGAP認証を取得するには、GAP(農業生産工程管理)を基準通りに行うことが必要だ。クラウド上で作業の記録・共有ができ、管理が楽になるイチオシサービスをご紹介。

JGAP認証取得に向けて! 役立つ農業クラウドリスト

農地法の改正により、農地でも加工場や飲食店が建設できるようになった。せっかく建てるなら、低コストかつオシャレな見た目にしたい……そこで今増えているのが、少ない費用でも強度とデザイン性を兼ね備えた施設が建てられる「テント建築」だ。

加工場やカフェは「テント建築」で安くオシャレに!

アグリジャーナル×営農支援サービス「天晴れ」の体験プロジェクトがいよいよスタート。多くの応募の中からモニターとして選ばれたメンバーが、「天晴れ」を開発した国際航業株式会社に、使い方や活用法について聞いてきました!

営農支援サービス「天晴れ」体験プロジェクト始動!

農地用トイレは便利な反面、設置に多くのコストや時間がかかったり、くみ取りが面倒という印象が強いが、そのイメージを覆す画期的な逸品を紹介! 電気・水道いらずな上、長期間メンテナンスフリーで使用できる、注目の農地用トイレとは?

長期間くみ取り不要! 農家に人気の”農地用トイレ”

農家にとって深刻な問題のひとつである鳥獣被害。ここ数年で件数は減少しているものの、狩猟者の高齢化や担い手不足により、捕獲に悩まされている自治体は多い。そこで、新たにICT技術を駆使した最新の鳥獣対策が注目を浴びている。被害の多い九州地方の2市町で行われた、実証実験による効果は?

「ICT箱罠」でイノシシを撃退! 最新の鳥獣対策とは

1 2 3 9

アクセスランキング

  1. 加工場やカフェは「テント建築」で安くオシャレに!
  2. 極上の履き心地! 長時間でも疲れにくい農業ブーツ
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. モンベルが生んだ『デザイン×高性能』ワークウェア
  7. 長期間くみ取り不要! 農家に人気の”農地用トイレ”
  8. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.07 / ¥0
2018年3月30日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル