注目キーワード

最新技術

アメリカで「土壌サンプル採集ロボット」が開発された。精度向上&効率化を実現する、最先端技術を見ていこう。

作業時間は半減・採取エラーは10%軽減! アメリカ発の土壌サンプル採集ロボット

海外のわくわくする情報をお届け! カナダではなんと、地下で作物を栽培するソリューションが登場した。どのような仕組みなのか、どんなメリットがあるのか、さっそく見ていこう。

地下で作物を栽培!? カナダで開発された「垂直農業ソリューション」とは

組み立てて取り付けることで、なんでもすぐに移動ロボット化させることができる電動クローラユニットに注目が集まっている。このユニットを用いて開発され、実際に農地で活躍しているロボットをご紹介しよう。

農地での作業負担軽減や効率化に! 電動クローラユニットで移動ロボット開発が加速

バイエルクロップサイエンス株式会社は、AI で水田の雑草を診断するアプリ「MagicScout(マジックスカウト)」をリリースした。雑草の駆除方法を調べる際や記録に役立つ、アプリの活用方法とは。

水田の雑草駆除に大活躍! 無料の雑草診断アプリ「MagicScout」の魅力

ロボット農機やドローンの高精度な作業を陰から支えているのがRTK測位サービス。高精度な測位と導入のしやすさで普及が広がる、ソフトバンクが提供している『ichimill(イチミル)』について話を聞いた。

スマート農機の自動操舵がより正確に! ソフトバンクのRTK測位サービスに迫る

豚の「食下量推移」を数値で把握できるサービスが登場した。これにより豚の体調不良の検知も可能となり、治療期間の短縮や薬のコスト削減が期待できる。

国内初! 豚の「食下量推移」を数値で把握し、治療費のコスト削減へ

農業におけるDX化といえば、ハウスの環境制御、自動水やりなどがある。イギリスではレタスを自動で収穫するロボットの開発が始まり、また一つ農作業が自動化されることになりそうだ。

レタスの収穫を自動化するロボットが登場。農作業がまたひとつDX化へ

農林水産省令和3年度スマート農業教育推進委託事業により、新たなサービスがスタートした。その名も「スマート農業 e-learning」。オンライン環境さえあれば、どこでも最先端の農業を学べるのだ。

最先端の農業をどこでも学べる! 「スマート農業 e-learning」がスタート

経営規模を拡大するほど増えるのが畦畔の草刈り。農家の負担になっていたその草刈りをロボットに任せられる日が近づいてきた。長野県信濃町で動き始めたプロジェクトを見る。

畦畔の草刈りはロボットにお任せ!長野県信濃町で実装実験

熟度や鮮度、栄養特性など、外観から見えない情報を可視化できる技術「ハイパースペクトルイメージング」とは。

青果物の品質が“見える”! 光学技術と人工知能を用いたソリューションとは

1 2 3 31

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 畜舎の暑熱対策に! 濡れない霧=ドライフォグシステム導入の効果を聞いた...
  10. 今話題の「NFT」は、農業をどう変えていくのか?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正