政策・マーケット

GAPとは、農業における食品安全、環境保全、労働安全などの確保のための、 生産工程管理の取り組みのこと。その取り組みを証明する、JGAP認証取得のメリットは?

売上増も見込める!? 「JGAP」認証取得のメリットとは

就農したいorしたばかりだけれど、今の自分には農業に関する知識がどれほどあるのだろう?そんなあなたにオススメなのが、日本農業検定。あなたの「農業力」はどれほどか、検定でチェックしてみよう!

新規就農者必見! 日本農業検定の問題、解けますか?

2017年12月20日に開かれた国連総会で、2019年から2028年までの10年間を「家族農業の10年」とすることが採択された。農業機械やICTの登場により大規模経営化が進む中、「家族農業」に今改めて注目が集まるワケは?

飢餓から世界を救え!国連が”家族農業の10年”を採択

一晩で農作物を食い荒らしてしまう野生鳥獣に頭を抱える人も多いのでは。農水省は、平成28年度の野生鳥獣による農作物被害を発表。農地を囲む防護柵設置などの対策が功を奏したのか、被害は減少している。

野生鳥獣による農作物被害が4年連続減少!ー農水省

近年、日本の荒廃農地面積は増加傾向にある。荒廃農地が増えることは何を意味し、どのような問題につながるのか。その対策についても考える。

高齢化、就農者減少……荒廃農地増加が意味すること

日本の農業において深刻化する担い手不足や後継者問題。これらを解決するソリューションとして、農協観光が民間企業と提携し、農業男性向けの婚活イベントを企画している。

もう行った? 農家 “専用” 婚活イベントで嫁探し

「全国デジタル土壌図」をご存知だろうか? ウェブで簡単に、全国の土壌の性質や分布がわかるという。その年の農業トピックが分かる、農水省の「2017年農業技術10大ニュース」のひとつとしても選定されたこの土壌図、どんなメリットがあるの? 

250万アクセス超!全国の農耕地,林野土壌図が無償で

近年、新しいテクノロジーが続々と登場し、世界規模で農業の可能性が拡大している。今回はスウェーデン発のネットとリアルを融合した農作物販売システムをご紹介する。

北欧発!ネット×リアル 新しい農作物販売システム

JA全農が、牛や鶏のエサである配合飼料が3四半期ぶりに2%値上げすると発表した。どのくらい負担が増えるのだろうか。畜産農家経営者は要チェックだ。

畜産農家の負担増!? 配合飼料が3四半期ぶりに値上げ

農林水産省は、農業経営統計調査の結果を12月21日に発表。この調査で、 平成28年の個別経営の農業所得が前年に比べ21.2%増加したことがわかった。

平成28年の個別農業経営の所得が前年より2割増に!

1 2 3 5

アクセスランキング

  1. 異業種の技術で開発した、低コストで丈夫なハウス
  2. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 営農を支援!クボタのコンバインに新機能が搭載
  5. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  6. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  7. 売上増も見込める!? 「JGAP」認証取得のメリットとは
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  10. <若手農家の挑戦>新規就農に欠かせない人脈作り
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.06 / ¥0
2018年1月19日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル