政策・マーケット

3DプリンターやAIなど、先進技術が次々と登場する昨今。様々な業界で革新がもたらされており、農業も例外ではない。そんななか、農林水産省の有志により、未来の「食」と農業をテーマとしたオープンラボが開催された。

食の未来を問う!農水省若手有志がオープンラボ開催

少子高齢化と生産年齢人口の減少により、労働力不足の深刻化が著しい日本社会。 農業の分野でも人手不足は深刻だが、その波を受け、近年、雇用条件や求職側のニーズなど、「働き方」における変化が起こっている。今回は、農家求人サイトを運営する吉村さんに話を聞いた。

働き方に変化が? 新・農業人ワークスタイル

JA土佐あきが独占禁止法違反で排除措置命令を受けてから、1年が過ぎた。この事案で浮き彫りになった独占禁止法への誤解について、中央大学大学院戦略経営研究科教授の杉浦宣彦さんにお話を聞いた。

JAと生産部会の線引~独占禁止法に抵触する可能性は?

現代の日本が農業環境に多くの課題を抱えている一方、日本農業を成長産業だとする声もある。なぜそのようなズレが起きているのだろうか。

日本農業は本当に「成長産業」といえるのか?

種苗メーカー「ロウ7シード」は米国の有名シェフと育種家によって創設された新たな農業アイテムだ。それぞれの恊働によって生まれたアイテムはいったいどんなものなのだろうか?

有名シェフと育種家によるユニークな種苗メーカー誕生

農業の「働き方改革」をいきなり一人で始めるのはなかなか難しい。まずは相談したい、具体的な取り組みへのアドバイスが欲しい、そんな方には国の支援制度を活用してみるのがオススメ。どのような支援策があるのか見てみよう!

農業の「働き方改革」に活かせる支援事業がすごい!

最近よく耳にする「働き方改革」。農業にとっても、重要なことだ。具体的にはどのように取り組むべきなのか? 今回は、農林水産省が行った農業の「働き方改革」検討会の資料を基に、農業においての「働き方改革」とは具体的に何をすればよいのか、クリアすべき3つのステージに分けて紹介しよう。

農業の「働き方改革」でクリアすべき3つのステージは?

農林水産省が主体で取り組む農業の「働き方改革」検討会。その最終回となる第5回目が、2018年3月20日に開かれた。これまで、農業経営者・有識者からのヒアリングに加え、アンケート調査や、農業高校での開催など様々な工夫を凝らして開かれてきた、検討会での取りまとめ内容とは?

農水省「働き方改革」へ向けた3つのステージとは?

農林水産省は現在、Facebook等のSNSを使って、農村振興に関する優良事例や各種施策等の情報を発信しているが、その取り組みの一環として新たに「農村カメラガールズ」との連携を発表! 農村の魅力を"写真で伝える"ことによる、地方創生アイディアとは?

噂の「農村カメラガールズ」が農水省と連携開始!? 

GAPとは、農業における食品安全、環境保全、労働安全などの確保のための、 生産工程管理の取り組みのこと。JGAP認証取得までを5つのSTEPでご紹介!さらにとても心強いサポートサービスもご紹介!

「JGAP」認証取得!取り組む際に重要な5つのSTEPとは?

1 2 3 7

アクセスランキング

  1. 加工場やカフェは「テント建築」で安くオシャレに!
  2. 極上の履き心地! 長時間でも疲れにくい農業ブーツ
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. モンベルが生んだ『デザイン×高性能』ワークウェア
  7. 長期間くみ取り不要! 農家に人気の”農地用トイレ”
  8. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.07 / ¥0
2018年3月30日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル