6次化

最近、フリマアプリ「メルカリ」を使って農産物を販売する生産者が増えているという。店舗を介さずアプリ上で売買することによって、生産者と消費者はどのようなメリットを得られるのか? 成功事例とともに詳しく紹介!

次に儲かる直販はコレ。話題沸騰の「メルカリ」で野菜が売れる!?

近年、生産者と消費者の交流の場として、全国各地で頻繁に開催されているマルシェ。6次産業化プランナーに聞いた、ビジネスチャンスを拡げるためのマルシェ出店の心得とは?

初めてのマルシェ出店 これだけはやっておきたい6点

6次産業化が新たなステップに向かおうとしている。今回は、野村アグリプランニング&アドバイザリー・上級研究員の仲野真人氏が提案する"6次産業化2.0"についてご紹介しよう。

産地・産業振興に繋げる『6次産業化2.0』とは?

「6次化に挑戦したものの売れなくて困っている……」という悩みを抱える農家は少なくない。現在最高位となる"食プロ段位レベル5"を持つカリスマ6次化プランナーが語る「売れる6次化商品にするためのノウハウ」をご紹介しよう!

バイヤーから見た! 売れる6次化商品のポイント

太陽光発電やインターネットを駆使した農業のブランディングなどに取り組む翔栄クリエイトが、健康にも美容にも嬉しい、コールドプレス製法した「ビゼットジュース」を実店舗にて発売開始した。

翔栄クリエイト、6次化を見据えた有機農業に参入

国連の推計によると世界人口は2050年までに90億人を超え、将来の人口増加に備えた食料確保は世界的な課題となっている。「Thought For Food」はこの課題に対する画期的な解決策を創出しようと世界各地の若手イノベーターが集まったコミュニティだ。2017年5月の年次総会から注目したい話題を4つ紹介する

90億人の食料確保に向けて若手イノベーターが大集結

地元農産物を使って、6次産業化ビジネスモデルの構築を目指すJAが増えてきている。「生産・加工・流通」の新モデルとは? 中央大学大学院教授の杉浦さんに話を聞いた。

パン製造でコメ需要を創出!? 6次産業化に新展開

地域のJA、企業、自治体、農家がチームを作り、様々なプロジェクトを行う福島県。いままさに進められている「循環型農業」への取り組みについて、政策に深く関わる中央大学ビジネススクールの杉浦教授が紹介する。

食品残さを活かしたエコすぎる農業〜福島の挑戦〜

高知県・四万十川の中流域に、地方創生のモデルとして全国から注目される道の駅がある。「道の駅四万十とおわ」だ。村でとれたものを、村で売る。小さな地域を元気にしてきた、取り組みの秘訣を聞いた。

高知県の限界集落が地栗で年間15 万人を呼び込む!

高級みかんジュースがヒットしている理由は?和歌山県有田市で早くから6次化を進める早和果樹園社長の秋竹新吾さんに話を聞いた。

こだわり続けたおいしさ。みかんは裏切らない

1 2

アクセスランキング

  1. 異業種の技術で開発した、低コストで丈夫なハウス
  2. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 営農を支援!クボタのコンバインに新機能が搭載
  5. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  6. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  7. 売上増も見込める!? 「JGAP」認証取得のメリットとは
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  10. <若手農家の挑戦>新規就農に欠かせない人脈作り
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.06 / ¥0
2018年1月19日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル