注目キーワード

生産者の取組み

気候変動問題のソリューションとして期待される「リジェネラティブ農業」。アウトドアブランド「パタゴニア」は、その可能性にいち早く着目し独自のアクションを続ける。地球を救うこれからの農業について話を聞いた。

パタゴニアが推奨する、環境を再生する農業。リジェネラティブ・オーガニック農法とは

コメにもトレーサビリティを求められるときが来ると考え、品質のデータ管理を徹底しているみなみ農園の南さん。クボタのKSAS乾燥調製システムを導入したことで、どのような効果が現れたのだろうか。

「信頼できるコメづくりを」ロット管理徹底を支える乾燥調製システム

オフィスビルですくすく成長する、生まれも育ちも山手線内という水耕栽培ベビーリーフ。オーダーから1時間以内でお届けするサービスが今秋からスタートした。

水耕栽培ベビーリーフで、大都会の地産地消が可能に!? 新鮮野菜を1時間以内でお届け

イセグループはフランスのトタルエナジーズと協力し、太陽光発電事業に進出した。その背景にあったのは、農業を応援するという思いだった。

遊休地で太陽光発電! 農業で使う電気を自社で創出、農業と太陽光発電の共生が始まる。

コメ流通戦略・ブランディングの手法、さらに、『味』の観点から付加価値について、ゲストや農家のみなさんと楽しみながら語り合います。 これからのオコメ・水稲の農業経営について、ぜひ一緒に考えてみませんか?

【開催終了!】お米の付加価値はどこにつける?《水稲サミットオンライン》開催!

農業においての新しいキーワードである『リジェネラティブ農業』。十数年も地球環境保全が叫ばれる中で出てきたこの農法は、どのようなもので、どのように地球環境に作用していくのだろう?事例とともに解説する。

気候変動対策につながる『リジェネラティブ農業』とは? 進む再生型農業・海外3事例

独自の視点とノウハウで、農業にまつわるデザインやブランディングを手掛けるコトリコの江藤梢さん。徹底的なヒアリングと二人三脚のブランディングが好評だ。農業ブランディングのヒントについて話をうかがった。

自社の魅力はどうすれば伝わるのか? ブランディングを始めるときの農家の心得

お店やイベントで流したり、YouTube投稿など活用の幅が広がっている動画。利点を理解しPRに活かすため、農にまつわる“デザインの基本”を、農業×ブランディングを得意とする人気デザイナーがレクチャー!

動画をPR戦略に活用しよう! 疑似体験で魅力が伝わる農園や商品のこと

トマトの国内最大級の収穫量を誇る誠和が、イチゴ、キュウリ、パプリカなどへも挑戦している。その栽培ノウハウをオンラインセミナーで公開するという。『GPEC in 愛知』に参加できなくともオンラインで学べる好機会だ。

トマトだけじゃない! 誠和によるナス・パプリカ・キュウリのオンラインセミナー開催

まさに”コロンブスの卵”。大規模化とは真逆の発想で豊かな酪農を実現している「森林ノ牧場」の工夫とは。里山資本主義とこれからの農業の在り方について、地域エコノミストの藻谷浩介氏が説くコラム。

「勤務は週休2日・9時から6時まで」酪農の常識を覆す<森林ノ牧場>の取組み

1 2 3 22

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  5. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/20(木)発行!
  6. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?
  7. 手押し一輪車を電動化へ! 作業負荷を軽減できる改造キット「E-cat kit」とは...
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.22|¥0
2022/1/20発行

お詫びと訂正