最新技術

生産現場のICT活用で、日本の食・農を新たな展開へ

大きな変革期を迎えている日本の食・農に対して、富士通は、2012年からICT活用によって生産現場から経営までをサポートするサービス「食・農クラウドAkisai(秋彩)」を提供している。ここでは、その多岐にわたるサービスの概要について紹介しよう。

幅広い企業に対応する食・農クラウドサービス

富士通は、2008年から国内の農場と提携、ICT活用による新たな日本の「食・農」について実証を重ね、2012年に独自のサービス「食・農クラウドAkisai(秋彩)」の提供を開始した。同サービスは、生産現場のICT活用を起点として、生産だけでなく経営・販売まで「企業的農業経営」をサポート。

大規模化や生産の工業化、6次産業化など「事業規模の拡大を目指す農業生産法人・生産者」から、新規参入や多数の契約生産者との連携強化を目指す「食品加工・卸・小売・外食などの食関連企業」まで、「食・農」に関連する幅広い企業に対応できるのが大きな特徴となっている。

042_C

サービス体系は、「経営」「生産」「販売」と、3つのカテゴリーに分かれるが、特に「生産」サポートに関しては、月額40,000円からWEBで簡単に見積り・購入できる農業生産法人向けの「農業生産管理SaaS生産マネジメント」を筆頭に、日々の作業記録や農薬散布回数、病害虫発生時期など最低限の項目に限定したそのライト版(月額1,500円〜)、あるいは施設園芸や畜産業(牛)、植物工場向けなど、業種や規模にあわせて全9種(今年度内には10種予定)ものラインナップから選択が可能。

042_B

また、「経営」サポートは、中堅、大規模など、規模に応じたサービス、「販売」サポートは、昨今急増している6次産業法人向けに、農産加工販売専用のサービスをラインナップ。
さらに、生産の課題解決を支援するコンサル型サービス「イノベーション支援サービス」も提供。刻々と変化する市場に対応すべく、従来とは異なる、より大きな視野で「食・農」に取り組む企業にとって、これほど心強いサービスはないだろう。


※「EARTH JOURNAL」Vol.2 より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. オフグリッド化&スマート化で未来の農業を実現! スマート農業を加速させる新機材とは...
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 2019年絶対買い! 使いやすくてオシャレな「農業アイテム」12選
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?...
  10. 新型コロナに対抗! 観光農園が行った話題の宅配サービスが大人気のうちに完売...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正