注目キーワード

最新技術

スマート農機の自動操舵がより正確に! ソフトバンクのRTK測位サービスに迫る

ロボット農機やドローンの高精度な作業を陰から支えているのがRTK測位サービス。高精度な測位と導入のしやすさで普及が広がる、ソフトバンクが提供している『ichimill(イチミル)』について話を聞いた。

スマート農機で普及するRTK測位
GPSとの違いは?

近年、農業では効率化などを目的に、薬散ドローンやロボット農機、それに必要なRTK測位サービスの普及がはじまっている。RTK測位サービスは先に普及したGPS(単独測位)などに比べて圧倒的に高精度な測位が可能。これによりトラクターや田植え機、ドローンなどを用いた、いわゆるスマート農機による高精度な作業が可能となった。
RTK測位は測位したい場所で使用する受信機(移動局)と、固定された基準点(固定局)の2つでそれぞれ衛星信号を受信し、固定局で衛星信号から補正情報を生成。移動局でその補正情報を受信し誤差をキャンセルすることで、高精度な位置情報を得ることができる。カーナビなどで利用されている一般的なGPS(単独測位)では誤差が数メートルにもなるが、RTK測位では数センチメートルに収まるのだ。

※RTK:Real Time Kinematicの省略形


そんなRTK測位サービスのなかでも特に注目なのが、ソフトバンクが提供している『ichimill』だ(『ichimill』は法人向けサービスで、個人向けサービスはソフトバンク子会社ALES(アレス)が提供する『センチメートル級測位サービス』)。他社のRTK測位サービスは、一般的に国土地理院の約1,300カ所の電子基準点を活用するが、『ichimill』はソフトバンクが独自に設置した3,300カ所以上の基準点を活用している。だから、より安定して高精度な測位が可能。また、基準点設置不要であり、比較的低コストであるため、今、農業現場での採用が広がっている。

ichimill(イチミル)とは?


ソフトバンクが提供するRTK測位サービス。準天頂衛星「みちびき」などのGNSSから受信した信号を利用してRTK測位を行うことで、誤差数センチメートルの測位を可能にする。農業現場でも安定した測位が可能だ。

高精度測位サービス ichimillの特長
・安定して高精度な測位が可能
・基準点設置不要だから導入が手軽
・比較的低コストに導入できる

2ヶ月相当無料&お友達紹介キャンペーン実施中!

ichimillの個人向けサービスである、ALESの『センチメートル級測位サービス』では、2022年5月31日(火)までの期間限定で春の2大キャンペーンを実施している。

①2ヶ月相当分無料キャンペーン
初年度の年額39,600円(税込)から、2ヶ月分相当額6,600円(税込)が割引になる。

②お友達紹介キャンペーン
紹介者および被紹介者に、3,000円分のPayPayギフトカードをプレゼント。
※紹介者様が、当社センチメートル級測位サービスに加入している必要あり。

 

導入レポート01 北海道 藤川農場 藤川さん

北海道音更町で50haの圃場を(ほぼ)一人で管理し多様な作物を生産している藤川さんは、ジオサーフの自動操舵補助システム『Tazna X』をトラクターや玉ねぎ移植機に搭載しているが、その測位に採用しているのが『ichimill』だ。

運転は自動操舵補助システムにまかせて、苗の補給を行う。『ichimill』による高精度な自動操舵の為せる技だ。

「複数の農機で自動操舵を行いたかったので、付け替えが簡単な『Tazna X』を導入しました。慣れてくれば、例えばトラクターから玉ねぎ移植機に15分程度で付け替えできるんですよ。
玉ねぎの移植は大変です。移植機を運転するだけでなく苗の補給が必要ですから、自動操舵補助がないと、二人で乗車するか、苗の補給のたびに止まる必要があります。でも『Tazna X』と『ichimill』があればハンドルから両手を放しても直進しますから、一人でも止まることなく作業できます。測位は常に安定して高精度ですから、安心して農作業に専念することが出来ています。玉ねぎの移植作業には『Tazna X』と『ichimill』が必要不可欠ですね。」

玉ねぎの移植作業を一人でできるから効率が大幅に向上する。

 

導入レポート02 株式会社JPP 伊藤さん


FJDの『自動操舵システム』を販売している株式会社JPPでは、RTK測位サービスには『ichimill』を強くオススメしているという。同社の伊藤さんが教えてくれた。

「正直に言えば、測位サービスは他社でも良かったんです(笑)。主役は『自動操舵』であって、測位サービスは脇役ですから。ところが、たまたまドローンで『ichimill』を利用しているお客様が、『自動操舵システム』でも『ichimill』を利用してみたところ、測位が安定していて高精度でした。一発で『ichimill』を気に入りまして、これまでに全国に約100名のお客様にご提案して来ましたが、一度も苦情が来たことがありません。これは農家さんが問題なく機械を使えている証ですし、販売している者としては大助かりです。
個人向けサービスであるALESの『センチメートル級測位サービス』は、今開催中のキャンペーンを上手く活用すれば、かなり低コストで利用できます。それも生産者さんにとっては魅力だと思います。自信を持ってオススメできるサービスです。」

※ALES 春の2大キャンペーンは2022年5月31日(火)まで
 詳しくはこちら

株式会社JPPではFJDの『自動操舵システム』+『ichimill』(個人向けの場合、ALESの『センチメートル級測位サービス』)をオススメしている。FJD『自動操舵システム』は新旧を問わず、田植え機や管理機にも搭載できる。

自動操舵システムを導入する際に、重要となるRTK測位サービス。せっかく導入しても測位が不安定であったり、ランニングコストが負担になるのは避けたいところ。信頼できるサービスで、より効率的な農作業を行おう。

 

問い合わせ

ソフトバンク株式会社 高精度測位サービス ichimill(法人向け)
ALES株式会社 センチメートル級測位サービス(個人向け)

ジオサーフ株式会社 自動操舵システム taznaX
株式会社JPP FJDynamics 農機スマート操縦システム


文:川島礼二郎

Sponsored by ソフトバンク株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 【検証レポート】本当に石の飛散が少ないのか? 噂のバッテリー式「T字型バリカン」草刈機を体験!...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  5. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. やり方次第で水稲農家も儲かる! 『効率化』作業機導入で被災地から儲かる農業を提案...
  10. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.24|¥0
2022/7/20発行

お詫びと訂正