「農水省」の検索結果

農林水産省の交付金を更に活用できる「農業経営基盤強化準備金制度」について、農林水産省 経営局 就農・女性課 就農促進グループ 北 明彦さんに伺った。

1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」

農林水産業に関わる補助金は様々。その数と種類が多いことから、自分の条件や目的に合致した補助金を探すのはとても大変。今回ご紹介するのは、農水省がリリースしているとっても便利なサービス、"補助金逆引き事典 農業編"だ。

コレは便利! 農水省の「補助金逆引き事典」

農山漁村で日本ならではの伝統的な生活体験や、地域の人々との交流を楽しむ滞在型旅行「農泊」。旅行者を農山漁村に呼び込み、宿泊者数や農林水産物の消費の拡大で、それぞれの地域活性につなげていきます。

話題の「農泊」で農村漁村を救う! 農水省が本気だ

全国の耕地面積の約4割、総農家数の約4割を占める、中山間地の農業を元気にする制度「中山間地農業ルネッサンス事業」が新たに始動する。どのような制度なのか?

中山間地農業を元気に!ルネッサンス事業が新設

新規就農者の定着を図るため、無利子の資金を融資し、営農に必要な機械や施設の整備などを支援する「青年等就農資金」。償還期限は最長12年間で、融資限度額はなんと3700万円!農水省経営局就農・女性課 就農促進グループ 佐久間崇氏が解説。

新規就農者のための最大3700万円の無利子融資制度

地方創生を実現するためは、地域住民の参加が不可欠である。特に農業分野では住民が意思決定に参加することが大切だ。そんな農業と地方創生のつながりを、元・農林水産省 農林水産政策所長で食と農の政策アナリストである武本俊彦氏にお話を伺った。

地方創生を成功させるポイントは「兼業」と「住民参加」?

市町村が新規就農者の営農計画の認定を行う「青年等就農計画制度」。市町村からの認定を受けた「認定新規就農者」は2016年3月末時点で6140経営体にのぼっている。この制度について、農水省経営局就農・女性課の佐久間氏が解説。

知らないと損! 青年等就農計画制度、利用してる?

いま、若者自身が旗振りとなって、若者の農業参入を呼びかける活動が活発化している。今回は、5組の若い女性たちを紹介したい。

ギャルにアイドル……農業を担う“農業女子”現る!

茂山組が農業に関する総合イベント「第1回国際次世代農業EXPO」において、農作物を植えた土地の上方に太陽電池モジュールを設置する、いわゆるソーラーシェアリング用の架台を展示した。

組立簡単! 茂山組の農地用架台で作業効率アップ!

1 3 4 5

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 熱気に包まれた「全国青年農業者会議」の2日間。全国の若手農家が集結
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. 発芽・育苗を成功させるならコレ! ダークピートを使った”超人気培土”
  7. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 「先端技術アワード農業2.0」で登場した3つのITサービス
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル