「農水省」の検索結果

「GAP」認証を取りたいけれど、具体的に何をすればいいの? 取得までにどれくらい時間がかかるの? 気になる取得までの流れを紹介。

まるっと説明!「GAP」認証取得までの具体的な流れ

平成28年新規就農者調査によると、49歳以下の新規就農者が3年連続で2万人を超えた。農業に新たに取り組む若者が増える一方、新規自営農業就農者は減少傾向にある。農家の後継ぎ不足の問題は、あまり好転していないといえる。今回の調査内容の詳細をレポートする。

若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?

2017年10月30日、農林水産省は、「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための施策を実施するための基本的な指針」について、改正を行った。これにより一層、鳥獣被害の防止とジビエの利用推進が行われることが期待される。

農水省が鳥獣被害防止のための指針を改正

農林水産省による平成28年新規就農者調査において、49歳以下の新規就農者が3年連続で2万人を超えるという結果が出た。

農水省調査結果「新規雇用就農者数」が増加!

農林水産省の交付金を更に活用できる「農業経営基盤強化準備金制度」について、農林水産省 経営局 就農・女性課 就農促進グループ 北 明彦さんに伺った。

1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」

農林水産業に関わる補助金は様々。その数と種類が多いことから、自分の条件や目的に合致した補助金を探すのはとても大変。今回ご紹介するのは、農水省がリリースしているとっても便利なサービス、"補助金逆引き事典 農業編"だ。

コレは便利! 農水省の「補助金逆引き事典」

農山漁村で日本ならではの伝統的な生活体験や、地域の人々との交流を楽しむ滞在型旅行「農泊」。旅行者を農山漁村に呼び込み、宿泊者数や農林水産物の消費の拡大で、それぞれの地域活性につなげていきます。

話題の「農泊」で農村漁村を救う! 農水省が本気だ

全国の耕地面積の約4割、総農家数の約4割を占める、中山間地の農業を元気にする制度「中山間地農業ルネッサンス事業」が新たに始動する。どのような制度なのか?

中山間地農業を元気に!ルネッサンス事業が新設

新規就農者の定着を図るため、無利子の資金を融資し、営農に必要な機械や施設の整備などを支援する「青年等就農資金」。償還期限は最長12年間で、融資限度額はなんと3700万円!農水省経営局就農・女性課 就農促進グループ 佐久間崇氏が解説。

新規就農者のための最大3700万円の無利子融資制度

地方創生を実現するためは、地域住民の参加が不可欠である。特に農業分野では住民が意思決定に参加することが大切だ。そんな農業と地方創生のつながりを、元・農林水産省 農林水産政策所長で食と農の政策アナリストである武本俊彦氏にお話を伺った。

「兼業」と「住民参加」が、地方創生のキーワード?

1 2

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. 嘘、この価格で? クラウド導入でハウス環境最適化
  3. 業界初!収穫効率を上げる「自動ロス制御」コンバイン
  4. 第1回次世代農業セミナー[無料] 11/24(金)開催!
  5. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  6. なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法
  7. GAP認証は3種類ある? それぞれの構成と特徴
  8. やらなきゃ損! いま話題の「GAP」ってなに?
  9. 産地・産業振興に繋げる”6次産業化2.0″とは?
  10. 若手農家の生産物だけを扱うECサイトがオープン!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2017年10月11日発行

お詫びと訂正