政策・マーケット

北欧発!ネット×リアル 新しい農作物販売システム

近年、新しいテクノロジーが続々と登場し、世界規模で農業の可能性が拡大している。今回はスウェーデン発のネットとリアルを融合した農作物販売システムをご紹介する。

オンラインとリアルが融合!
ハイブリッド直販マーケット

スウェーデンで開設された「ローカル・フード・ノーズ」は、オンラインプラットフォームで生産者と消費者を直接つなぎ、リアルな場で農作物を取引するハイブリッド型のファーマーズマーケットだ。

具体的な流れとしては、まず、生産者が農作物を配送する“ノード”と呼ばれる場所をオンラインプラットフォームに登録。さらに、各生産者が販売したい農作物の情報を投稿し、消費者はオンラインで発注する仕組みだ。指定の日時に開かれる“ノード”では近隣の生産者たちが事前に受注した農作物を次々と持ち込み、消費者に直接引き渡す。バーチャルとリアルを融合させ、生産者と消費者によるローカルなフードコミュニティを形成している点が秀逸だ。

活気あふれるノードの様子

DATA

ローカル・フード・ノーズ

text: Yukiko Matsuoka


『AGRI JOURNAL』vol.5より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正