政策・マーケット

農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?

”国際的に安全管理の評価を得ている農産物”であると認められるという「グローバルGAP認証」。取得の流れや、取得後の気になるそのメリットについて説明する。

国際競争力を高めるためには
グローバルGAP認証取得が不可欠!!

グローバルGAPの前に、まずはGAPについてご紹介しよう。Good Agricultural Practicesの頭文字であるGAPとは、国連食糧農業機関(FAO)によると、農業生産の環境的、経済的及び社会的な持続性に向けた取組みであり、結果として安全で品質の良い食品及び非食品の農産物をもたらすもの、である。

その国際版がグローバルGAPだ。当初はヨーロッパで推進されていたが、参加会員が世界に広がったため、グローバルGAPと改称。現在では世界118ヶ国以上・15万件を超える認証件数となっている。

生産者の立場から見れば、グローバルGAP認証を受けることで「安全で品質の良い食品・非食品の農作物であると世界的に認められる」ことになる。


グローバルGAP取得によるメリット

グローバルGAPを取得すると、大きく2つのメリットが得られる。販路の拡大と生産性向上である。

まずは販路の拡大だが、そもそもグローバルGAP取得は、輸出を目指す際の「資格」の獲得。これが無ければ輸出が始まらない、とも言える。”国際標準の生産工程管理を行う生産者である”と証明できるということは、クライアントと交渉する際のアピールポイントとなる。

また、認証取得の過程で生産工程が明確になるため、自ずと生産性が向上する。例えば、適切な肥料、農薬等の散布によるコスト低減と収量の増加が見込めるだろう。また、新人用のマニュアルとして活用すれば、技術習得の時間短縮にも繋がるはずだ。

この2つのメリットに加えて、「食の安全」「環境保全」「労働の安全」に対する意識の向上や、消費者や取引先からの問い合わせ・苦情に迅速かつ適切に対応できるようになる、といった副次的メリットにも期待できる。

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 植物自体の状態を整える“バイオスティミュラント”とは? 農家の困りごとに新たな選択肢
  8. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正