注目キーワード

政策・マーケット

有名シェフと育種家によるユニークな種苗メーカー誕生

種苗メーカー「ロウ7シード」は米国の有名シェフと育種家によって創設された新たな農業アイテムだ。それぞれの恊働によって生まれたアイテムはいったいどんなものなのだろうか?

新たな種苗メーカーで
より良い食材を食卓に

米ニューヨークの高級レストラン「ブルーヒル」でシェフを務めるダン・バーバー氏は、米コーネル大学のマイケル・マズレック博士らとともに新たな種苗メーカー「ロウ7シード」を創設した。植物育種家とシェフ、農家の恊働によって、味と栄養価を追究した品種をつくりだし、美味しく健康によい食材をより多くの人々に届けることを目指している。

2018年2月には、家庭菜園を楽しむ消費者や中小規模の農家をターゲットに、カボチャの一種であるバターナッツ・スクワッシュなど7種類の種子を販売開始。種子はすべて米国で生産され、有機認定されている。近い将来、「ロウ7シード」の種子から実った食材が米国の食卓を豊かに彩りそうだ。

Row 7 Seed Company

問い合わせ


Row 7 Seed Company


Facebookページ


Text:Yukiko Matsuoka

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正