注目キーワード

政策・マーケット

三重県「みえ農業版MBA養成塾」2期生募集! 若手就農者の育成に本腰!

三重県が、今年4月に開講した「みえ農業版MBA養成塾」の2期生を募集する。それに先立ち、公式ホームページをオープンして、多種多様な人材を募る。また、11月24日(土)には東京で説明会も開催する。

公式ホームページ開設
多種多様な人材を募集

三重県は、今年4月、次世代の農業ビジネス人材の育成を目指す教育プログラム「みえ農業版MBA養成塾」を開講した。県内の先進的農業法人による雇用型インターンシップなど、独自の養成カリキュラムで、農業の未来を担う若き就農者を育成している。

この11月には、来年4月からの第2期生の募集をスタートする。それに先立って、公式ホームページを開設した。サイトの構築・運営業務は、農業ベンチャーのアグリメディアが行う。


「みえ農業版MBA養成塾」公式ホームページ(http://mie-nodai-mba.jp

公式ホームページでは、カリキュラムの詳しい説明や、雇用型インターンシップの受け入れ先などのほか、第1期生の”生の声”をインタビュー形式で掲載している。

このインタビュー記事、読み物としても面白く、一読の価値アリだ。10月15日現在、2人の塾生が紹介されているのだが、1人目は食品関係の社会人経験者、2人目は航空宇宙工学の大学院卒業生、という異色の経歴の持ち主なのだ。

サイト内の「募集する人材像」の欄でも、「金融業経験者・エンジニア・イベント企画運営・ツアーガイド・クリエーター・デザイナー・その他尖った経歴」と記載されており、同塾が多種多様な人材を求めていることがわかる。

11月24日(土)には、東京で説明会を開催する予定だ。農業ビジネスで起業を考えている方は、公式ホームページをチェックしてみよう。

DATA

「みえ農業版MBA養成塾」公式サイト

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正