政策・マーケット

農水省「農業者と企業・研究機関の直接対話」イベント、9月21日に

農水省は、現場で働く農業者と、最新技術を研究する企業や研究機関が直接対話できるイベントを、9月21日に開催する。今回のテーマは「野菜」だ。

最新技術が集合
テーマは「野菜」

農林水産省は、9月21日(金)に同省7階(講堂および共用第1会議室)で「農業現場における新技術の実装に向けたマッチングミーティング」を開催する。今回が第2回となり、テーマは「野菜」だ。

農業者と、企業や研究機関との意見交換の場として、直接対話ができる貴重な場となる。主な内容は、MAFFピッチ(技術提案企業などからのプレゼン)と、個別ブースでの企業や研究機関との相談会。公開イベントとして行われ、カメラ撮影も可能だという。

今回の技術テーマは「露地、施設園芸に活用できる最新技術」。具体的には、以下の4つが対象となる。

①施設環境計測・制御
②露地野菜・畑作向け栽培センサー
③露地野菜・畑作向けドローン技術
④運搬ロボット

詳細な開催概要は、以下の通り。

日時:平成30年9月21日(金曜日)13時00分~17時00分
会場:農林水産省 本館7階(第1会場:講堂、第2会場:共用第1会議室(ドアNo.本767))
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1
出展企業:出展企業等一覧(PDF)

参加を希望する際は、以下のフォームから申し込むことができる。

「農業現場における新技術の実装に向けたマッチングミーティング」(第2回:野菜)参加申し込みフォーム

DATA

農林水産省

関連記事

アクセスランキング

  1. 中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム
  2. 3分でわかる農家トレンド『ソーラーシェアリング』
  3. キイチゴ類の受粉を自動化! 「受粉ロボット」がアメリカで開発中
  4. 電子版無料配信中! フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.08 7/9発行!
  5. 世界一安い! 腰痛のリスクを軽減するアシストスーツが2万円台!
  6. 収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式
  7. 太陽光×農業がイノベーションを巻き起こす!
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. 成功する農業後継~時代を超えて繋がれた”先々代の夢”
  10. <体験レポート>ゴルフカートは町ナカのブドウ農家で使えるか?
アグリ・ビジネス・ジャパン 2018   あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル