再エネ・最新技術

植物の「深呼吸」を促進する、環境にやさしいCO2施用

無駄な炭酸ガスを発生させずにCO2を効果的に散布するシステムが、先進農家の間で評判を呼んでいる。

植物の成長に必要不可欠なCO2。「ブレス」は、必要かつ最大限の効率を重視した「局所施用」のCO2施用コントローラーだ。
CO2施用コントローラーとは、野菜・果樹の育成を促進するために、CO2の効果的な散布を制御する装置である。

breath2

これまでの農法では、ハウス全体を化石燃料を使った排ガスによってCO2で満たしていた。だが、それではコストも悪く環境にも悪影響となることもある。

一方「ブレス」では、製鉄所や発電所から出される排ガスを回収し、コンピューター制御を行いながら、植物の葉の周辺だけに適切な濃度でCO2を局所施用する。それにより、環境に配慮するとともに、無駄なく、低コストな植物の成長を実現するという。

植物の安定した光合成を実現し、品質や収量が向上すると、すでに先進農家の間で導入が進んでいる。

4c13e527228ca64bf31552b2f05


株式会社テヌート HP


Text:Yoshiki Matuura

関連記事

2016/11/28 | 再エネ・最新技術

人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い
  9. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  10. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル