注目キーワード

最新技術

植物の「深呼吸」を促進する、環境にやさしいCO2施用

無駄な炭酸ガスを発生させずにCO2を効果的に散布するシステムが、先進農家の間で評判を呼んでいる。

植物の成長に必要不可欠なCO2。「ブレス」は、必要かつ最大限の効率を重視した「局所施用」のCO2施用コントローラーだ。
CO2施用コントローラーとは、野菜・果樹の育成を促進するために、CO2の効果的な散布を制御する装置である。

breath2

これまでの農法では、ハウス全体を化石燃料を使った排ガスによってCO2で満たしていた。だが、それではコストも悪く環境にも悪影響となることもある。

一方「ブレス」では、製鉄所や発電所から出される排ガスを回収し、コンピューター制御を行いながら、植物の葉の周辺だけに適切な濃度でCO2を局所施用する。それにより、環境に配慮するとともに、無駄なく、低コストな植物の成長を実現するという。

植物の安定した光合成を実現し、品質や収量が向上すると、すでに先進農家の間で導入が進んでいる。

4c13e527228ca64bf31552b2f05


株式会社テヌート HP


Text:Yoshiki Matuura

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 草刈りの安全性と効率アップに! 刈払機に取り付けられるアタッチメント2選...
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. 【募集】モニター募集!9月撮影、ロボットによる草刈り作業体験!
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 亀岡盆地の京野菜生産が危機に直面 原因は「投機目的での農地所有」の蔓延にあった...
アグリク2020

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正