「ハウス」の検索結果

農業は画期的な形で進化している。なんとオーストリアでは、建築と農業が既存の枠組みを超えて融合! 新たなトレンドを見てみよう。

住居と垂直型農場を一体化!? オーストリアの「ザ・ファームハウス」がすごい!

低価格で建てられる鉄骨ポリカハウス「がっちりHOUSE5」。今回は「がっちりHOUSE5」の基本となる標準仕様と利用可能な設備類(オプション)をご紹介しよう。

低価格ではじめる「鉄骨ポリカハウス」はカスタマイズも自由自在!

台風や豪雪による被害を防ぐため、パイプハウスと比べて耐久性に優れた鉄骨ハウスの需要が高まっている。そんななか、ネックとされていた建設コストを大幅に抑えた新製品が販売を開始した。

低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」

積雪によるハウスの倒壊を防ぐ「スノーレジスト」に、パイプの径を太くして剛性を高めた48×42セットが新登場。89cmの積雪に耐えられるよう、さらなる強靭化を施した。

ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加

デンソー・大仙・トヨタネの3社は、各社の技術を活用した次世代型農業用ハウス「プロファーム T-キューブ」を新開発。さらに合弁会社トリシードアグリを設立し、農作物の栽培を一貫してサポートする体制を構築する。

デンソー・大仙・トヨタネの3社が「次世代農業用ハウス」開発

施設園芸に求められる要件を全て満たす新しいハウスが注目を集めている。 既存のハウスに比べ2〜3割も低価格というその実力は、一体どんなものなのか?

従来比2〜3割コスト減?低価格&高耐候性のハウスに注目!

ハウスを新たに建てる際、強度や形状など全てメーカーに一任という農家が多いが、今回農水省のホームページで「ハウス選びの基準」となる資料が公開された。自分の地域に合ったハウスを農家自らが理解することで、過大な設備投資を減らし、コストカットも可能に!?

無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方

足場をはじめとする仮設機材の販売・レンタルを行う会社が開発した、農業用ハウス。注目される理由は、「低コスト」「高耐候性」「施工スピード」。なぜこのような農業用ハウスの開発に成功したのだろうか?

異業種の技術で開発した、低コストで丈夫なハウス

現在コンクリート張りのハウスは非農地扱いとされているが、これを農地として扱うよう関連法を改正する議論が2017年11月7日に行われた。新制度が適用されれば、農地転用許可申請が不要になるほか固定資産税の減額も見込めるため、生産者の負担軽減に期待がかかる。

コンクリート張りハウスも「農地」に!? 法改正検討

ヒートポンプ空調は、リーズナブルなコストで、冬場の暖房装置として、また夏には冷房装置としても活用できる。そのメリットをフル活用して、高品質なバラを周年生産する農家の事例をご紹介しよう。

低コストのヒートポンプ空調でバラの品質がアップ!

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 畑仕事もオフの日も楽しむ! 「上げトラ&カスタム」ブームが到来!?
  3. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  6. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  7. 住居と垂直型農場を一体化!? オーストリアの「ザ・ファームハウス」がすごい!
  8. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  9. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  10. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル