「連載/若手農家の挑戦」の検索結果

一目ぼれした村で生活するためスタートした農業は、順調に売り上げを伸ばしている。そして、田畑さんが地域を守るためにはじめたもう一つの仕事は、集まる人々に笑顔と感動を与えていた。

<若手農家の挑戦>移住者を呼び込む環境づくり

東京ならではの農業に可能性を感じた繁昌さんは、お客との交流を大切に考えさまざまな仕掛けを用意している。繁昌さんの目指す、農業のある暮らし方とは?

<若手農家の挑戦>マルシェで顧客開拓、その次は?

限界集落に移住して今年で4年目を迎える田畑さん。移住先での生業として選んだのが有機農業だった。日曜市で評判となった田畑さんのトマトは、地域の魅力を価値に変えた農産物だった。

<若手農家の挑戦>地域の魅力を価値に変える!

2016年、東京青梅市に新規就農した繁昌さん。江戸東京野菜や全国の在来品種を有機農法で栽培し、都内のマルシェや飲食店で評判となっている。繁昌さんの就農までの道のりを聞いた。

<若手農家の挑戦>新規就農に欠かせない人脈作り

青山ファーマーズマーケットをはじめ、東京のマルシェで評判を呼んでいる若手農家がいる。江戸東京野菜や珍しい野菜を取り扱う、東京都青梅市で新規就農した繁昌知洋さんだ。東京だからこそ出来る、農業の魅力と可能性を聞いた。

<若手農家の挑戦>東京の農業ならではのメリットは?

地方に移住したい————。働き方が多様化し、田舎暮らしに憧れる若者が増えている。しかし、誰もが地方に行けば、理想の暮らしが手に入るわけではない。幸せな移住生活を実現させるために必要なものは何だろうか。 2014年、限界集落に移住した田畑勇太さんが語る地方移住のリアルとは?

<若手農家の挑戦>限界集落への移住、成功なるか?

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  5. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
  10. リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル