注目キーワード

加工・販売

高機能ながら、カジュアルシーンでも活躍! ミズノのレインウエアが誕生

スポーツの分野でテクノロジーを培ってきたミズノより、農作業時に オススメのGORE-TEXレインウエアが誕生。今回は、果樹農家の長野さん一家に「GORE TEXグラウンドジャケット」を着用してもらった。

屋外で働く人のためのワークウエア
スタイリッシュで幅広く着用


果樹農家では季節を問わず作業が発生する。厳しい寒さのなか、長時間にわたり屋外で作業を行う場合も。「そんな時の寒さ対策は必須です。何枚も着込んで作業することもあります」と、株式会社OCファーム暖々の里の長野洋平さんは話す。

長野さんをはじめ、厳しい条件下で作業を行う農家に寄り添ってくれるのが、ミズノの「GORE TEXグラウンドジャケット」だ。本製品の素材は、屋外で働く人のために開発された「ワークウエア GORE TEXファブリック」。 耐久性だけでなく、防風性にも優れているため、「GORE TEX グラウンドジャケット」を上着として着用すれば、冷気の侵入をしっかりと防ぐことができる。

さらには農薬の散布時も、「GORE TEXグラウンドジャケット」は頼れる存在となる。本製品の生地は、農薬の浸透を抑制する素材。また、縫合部にも、農薬の浸透を抑える設計が採用されている。農薬の透過性については、「ISO19918(液体透過性試験)」が実施されている点も、製品への信頼度が増すポイントだ。

また、幅広いシーンで着用できる点も、「GORE TEXグラウンドジャケット」の魅力だ。本製品は、「スタイリッシュなワークウエアが欲しい」という若手農家からの声に応えるかたちでデザインされたジャケットで、圃場だけでなく街でも颯爽と着こなせる。「自分の子供や地域の子供達から、かっこいいパパや農家だと思われたい。外出時はもちろん、農作業をする際も格好には気を使います」と、洋平さん。圃場でも街でも大活躍するでなく街でも颯爽と着こなせる。「自分の子供や地域の子供達から、「GORE TEXグラウンドジャケット」は、お気に入りの一着となること必至だ。また、パートナー や家族にプレゼントすれば、きっと喜んでくれる。

 

GORE TEX グラウンドジャケット
ワークウエアの魅力を紹介

動きやすさを追求


「GORE-TEXグラウンドジャケット」には、アスリートの動作解析などをもとにしたミズノ独自の設計「ダイナモーションフィット」が採用されている。そのため、腕を伸ばしたり上げたりした時も、つっぱりを感じにくい。本製品を身につけ、レタスを収穫した長野隆介さんは「体の動きにジャケットがついてくるようで、動きやすいです。腕を頭上に上げるといった大きな動作をとっても、ストレスを感じません」とコメント。

気の利いた設計


各所に心にくい工夫が施されているのも、「GORE-TEX グラウンドジャケット」の魅力だ。例えば、頭部を雨や 冷気から守ってくれるフード。フードのトップ部分とサイドにはスピンドルが設けられており、これを調整することで、顔まわりのフィット感や前方の視界が調整される。また、袖口にはシャーリングを使用せず、手首をフラットに覆う設計を採用。隙間が少なく、ジャケット内部への水の侵入が抑制される。

雨や風の強い日にもオススメ


「ワークウエアGORE-TEXファブリック」は、優れた防水性、透湿性、撥水性をも兼ね備える。ウエアが雨や水滴を防ぎながら衣服内の湿気を放出するため、蒸れにくいという特徴を持つ。また、汚したり汗をかいたりしても 家庭用の洗濯機で丸洗い可能だ。商品テストにより、約20回洗濯しても、撥水機能を維持することが証明されている。

GORE-TEXグラウンドジャケット (ユニセックス)


ミズノ初の農作業時の負担を軽減するGORE- TEXレインウエア。農業女子PJと共同企画。
価格:29,700 円(本体価格 27,000 円)
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:カーキ、ブロンズ、プラムレッド

DATA

ミズノ株式会社

Sponsored by ミズノ株式会社

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 腰痛持ちの果樹農家さんに朗報! ゴーカートみたいな“乗用草刈機”
  2. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  3. 海藻のチカラを活かす肥料・畜産飼料に注目! どんな効果がある?
  4. ホームセンター各社に聞いた、2024年注目の農業資材[コメリ・カインズ・農家の店しんしん・山新]...
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 収量が上がる果樹栽培法『ドリップファーティゲーション』に注目!
  7. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  8. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正