政策・マーケット

農水省、平成29年産米の「相対取引価格・数量(平成30年5月)」を公表

平成30年産から始まった新たな米政策の一環として、米の流通に関係するより細かい情報が提供されるようになった。今回公表されたのは、平成29年産米の「相対取引価格・数量(平成30年5月)」。しっかりとチェックしておこう。

細かい情報の提供で
需要に応じた米生産を

平成30年産からの米政策の見直しによって、生産者や集荷業者・団体は主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることになった。その一環として、農林水産省は平成26年3月から、米の流通に関係するよりきめ細かい需給・価格情報、販売進捗・在庫情報等の提供を行っている。今回公表されたのは、平成29年産米の相対取引価格・数量について、米の出荷販売業者、団体等から報告のあった内容の取りまとめだ。

相対取引価格・数量

平成30年5月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,735円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で11万トンとなっている。

産地銘柄別の相対取引価格・数量については、こちらの資料「平成29年産米の相対取引価格・数量」を参照してほしい。

産地別契約・販売状況

平成30年4月末時点での契約・販売状況はこちらの資料「平成29年産米の産地別契約・販売状況」から。
過去のデータは、農林水産省のホームページから確認することができる。

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  5. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル