注目キーワード

政策・マーケット

農水省が生産者の海外輸出サポート、「輸出の可能性」無料診断も

農水省が、国内で生産した食品の海外輸出をサポートするプロジェクト「GFP」を立ち上げた。公式サイトを通じて、輸出に意欲的な生産者の募集を開始。登録者は、「輸出可能性」の無料診断を受けることができる。

8月に公式サイト開設
登録者の募集スタート

農林水産省主導の農林水産物・食品輸出プロジェクト「GFP」が、登録者を募っている。

GFPの「G」はGlobal、「P」はProject。中央の「F」は、Farmers(農業)、Fishermen(漁業)、Foresters(林業)、Food Manufacturers(食品加工業)の4つの単語の頭文字をとったもの。GFPは、これら4業種の輸出をサポートするプロジェクトだ。

日本の人口は減少し続けており、2050年には1億人近くにまで減るといわれている。その一方で、世界の人口は増加の一途をたどっており、100億人に達する見通しだ。単純計算で、世界には日本の100倍の「食」の需要が存在することになる。

ならば、と生産者が自社商品を輸出しようと考えても、需要の有無や市場動向、輸出先の国策など、さまざまな障壁が立ちはだかる。そう簡単な話ではない。

こうした状況を踏まえて、GFPは、農業や漁業、林業などの輸出を支援するために立ち上げられた。農水省が、さまざまな角度から輸出をサポートする。

具体的な取り組みとして、8月にGFPの公式サイトがオープン。サイトを通じて、輸出に意欲のある生産者の募集を開始した。


公式サイトのスクリーンショット

登録すると、農水省が無料で「輸出可能性」を診断。実際に輸出に携わる流通業者や、政府の担当者が、登録者の産地へと視察に赴き、生産状況を鑑みて輸出の可能性をレポートにまとめる。輸出のための具体的な情報やアドバイスなどを、無料で得られるチャンスだ。

そのほか、輸出を目指す生産者同士の「横のつながり」となるコミュニティーを形成していく狙いなどもあるという。まずは公式サイトをチェックしてみてほしい。

DATA

GFP 農林水産物・食品輸出プロジェクト

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 農業法人が「キャベツ搬送ロボット」を開発! その能力と実用化の可能性とは...
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 水田フル活用政策、来年度は「産地交付金」さらに手厚く
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正