注目キーワード

政策・マーケット

《募集終了》YAMAZENアンバサダーを大募集! 製品を試して・モデルになって・広めませんか?

山善の製品PRを一緒に盛り上げてくれるアンバサダーを大募集します! 山善製品の数々を試せる&もらえるチャンス、農業・造園業に携わる皆さまのご参加をお待ちしております!

工作機械や農業資材の山善
製品アンバサダーを募集!

 
これまでに農業現場で活躍する『DREAM POWER』シリーズや、現場作業を快適にするウェアなど数々の製品を生み出している株式会社山善が、製品作りに現場からの声をより反映するべく、山善製品の広報大使となる『アンバサダー』の募集をスタートします!
 

 

山善アンバサダーになって
製品の数々を体験をしよう!

……『アンバサダー』ってどんなことをするの?


撮影モデルに!

実際に現場で製品を使用している様子を撮影、その写真を山善の広告等で使用させていただきます。


製品開発アドバイスも!

製品の開発において「こんな仕様がいい」「こうだともっと使いやすい」などのご意見を伺い、製品作りに生かしていきます。


製品モニタリングができる!

製品試用後に使用感・体験談を伺い、山善の広告等に掲載させていただきます。モニタリングした製品はそのままプレゼント!


インフルエンサーになる…!?

お持ちのSNSアカウントでモニタリング体験談を投稿していただきます。

 


 
『アンバサダー』はこんな人におすすめ!

・山善の農機、ツール、ウェアなどを使用してみたい。
・農業の魅力を広めたい。

などの「リアルな使用感」とともに山善の農機やウェアを一緒にPRしてくれる方を大募集します。
試す製品はさまざま。水稲栽培・露地栽培、果樹栽培、施設園芸など農業、造園業の現場で日々活躍している方のご応募をお待ちしております!

 

アンバサダーとして
お試しいただく製品の一例

● 炎天下でも、農機運転を快適に! トラクタや田植え機などの農業機械の座席シートを冷やす暑さ対策製品

● 酷暑のなかで体の温度を下げる、ファン付きのウェア

『DREAM POWER』シリーズの園芸・農業機械(耕運機、杭打機、チェンソー、ブロワーetc)

など


 

山善アンバサダー概要

募集要項

⚫アンバサダーご協力期間
2022年3月~6ヶ月間(製品を活用いただけそうな時期をヒアリングのうえ、ご相談)
⚫内容1
山善製品を農作業および圃場まわりの整備にご活用いただき、その様子を撮影します。撮影画像は山善広報媒体(WEBサイト・店頭ポップ・カタログ等)/AGRI JOURNAL誌面・WEBサイト、およびご自身(または所属企業・団体等)のSNSに掲載予定です。
⚫内容2
山善製品を実際に使用していただき、その使用感をヒアリングします。そのコメントを山善広報媒体(WEBサイト・店頭ポップ・カタログ等)/AGRI JOURNAL誌面・WEBサイトで製品PRのために使用します。

応募資格

① 日本国内で農業、造園業を営まれている方
② 2022年3月~9月の期間、山善アンバサダー活動ご協力いただける方 (製品のご使用期間は、相談のうえ決定)
③ SNS(Twitter、Facebook、Instagramのいずれか)アカウントをお持ちの方

応募締切

2022年2月23日(水)23:59まで
※多数ご応募いただいた場合は、選考でのお声かけとさせていただきますのであらかじめご了承ください。締め切り前でも決まり次第、応募を締め切る場合がございます。
※候補者に選ばれた方にのみ、2022年3月3日(木)18:00までに、随時アグリジャーナル編集部よりお電話(03-6300-4430)またはメールにて、ご連絡させていただきます。

【注意事項】
●応募フォーム送信後、自動で完了メールが届きます。携帯電話のメールアドレスで登録する場合、ドメイン指定などを設定している方は、お手数ですが「agri@access-i.co.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。
●ご参加される方の顔がしっかり見える写真を添付してください。アプリ等で加工したお写真はご遠慮ください。

>>募集は終了しました。たくさんのご応募をありがとうございました!

候補者に選ばれた方にのみ、2022年3月3日(木)18:00までに、随時アグリジャーナル編集部よりお電話(03-6300-4430)またはメールにて、ご連絡させていただきます。

モニター企画についての問い合わせ

アグリジャーナル編集部

(株式会社アクセスインターナショナル)
TEL: 03-6300-4430
» お問い合わせフォーム

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...
  10. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正