注目キーワード

政策・マーケット

施設園芸・植物工場展(GPEC)、7月20日~22日東京ビッグサイトにて開催!

農業生産者なら必見!施設園芸・植物工場展2022(GPEC)が東京ビッグサイトで開催される。期間は7月20日~22日までの3日間。ロボット、AI、IoTなどの最先端技術にふれたり、出展企業と商談できる人気のイベントだ。開催前に展示会の見どころをチェックしよう!

農業生産者のための人気イベント
施設園芸・植物工場展とは?

2022年で開催7回目を迎える植物工場・施設園芸展(GPEC)は、施設園芸・植物工場に特化した国内唯一の専門展示会だ。東京での開催は2018年以来、4年ぶりとなる。

展示会では、160社超が出展予定となっており、「ハウス・植物工場の設備や資材」をはじめ、「安定生産・高収量・高品質を実現する環境制御機器」や「農産物の流通加工」に至るまで幅広い製品・サービスが展示される。会場で、製品の実物を見て・触って・確かめたり、メーカーの担当者から製品の特長などを直接聞くことができるので、製品の比較検討には絶好の機会となっている。

■イベント概要
開催日時:2022年7月20日(水)~22日(金)
開催場所:東京ビッグサイト 南3・4ホール
主  催:一般社団法人 日本施設園芸協会
入場方法:本展示会の入場には、事前来場登録が必要です
>>ご登録はこちらから

こんな人におすすめ!

● ハウスの新設・更新、設備導入を検討したい
● 生産現場における課題解決のヒントを得たい
● 農業へ新規参入したい
● 最新技術の導入により生産量増加・品質向上・省力化を図りたい
● 施設園芸・植物工場運営のヒントを得たい
● カーボンゼロへの動きなど業界動向に関する情報を得たい

など
 

イベントを構成する6つの
出展ブース

植物工場・施設園芸展(GPEC)で出展されるブースは大きく分けて6種類。

■施設本体・資材
ハウス・太陽光利用型植物工場
人工光型植物工場(栽培施設・資材)

■付帯設備・機器
施設園芸用
植物工場用(太陽光利用型・人工光型)

■生産管理機器・資材
種苗、育苗資材、育苗システム
肥料、農薬、受粉・天敵昆虫・IPM
農業ICT
環境制御装置・技術

■特設ゾーン
流通・加工

■集中展示ゾーン
省エネ・クリーンエネルギー
労務管理、経営サポート、リース・融資

■その他
省力化・サポート機器
自治体・団体
メディア・書籍

特別セミナーや主催者展示など
併催企画も目白押し


GPECでは、参加したすべての人に必ずヒントを持ち帰れる展示会となるよう、併催企画も充実している。業界のフロントランナーによる「特別セミナー」では、最新動向や多収栽培事例など注目テーマが集まり、全23講演が予定されている。「主催者展示」では、実際のモデルハウスを会場に建設し、実際の栽培環境の再現や自動収穫ロボットの実機展示が行われる。また、生産現場の悩みや課題を各分野のスペシャリストに相談できる「生産者相談コーナー」も設置される。どの併催企画も参加無料で、気軽に立ち寄ることができる。

農業界は、常に新しい情報や技術をキャッチしていく必要がある世界だ。植物工場・施設園芸展(GPEC)に行けば、思いも寄らない出会いや発見が待っているかもしれない。

問合わせ先

施設園芸・植物工場展GPEC2022

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. スマホで豚の体重や枝肉測定をする時代へ! 畜産コンサルのコーンテックの挑戦に迫る...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正