投稿一覧

NTT東日本の「ギガらくWi-Fi IoTサポートオプション 農業タイプ」は、専用のセンサーとカメラで圃場の様子をチェックできる遠隔監視システムだ。同社ならではのサポート体制も充実しており、安心して導入することができる。業界が注目するサービスの魅力とは?

NTT東日本が「遠隔監視」で農家を強力支援! 徹底的なサポート体制!

AIやドローンの活用によって減農薬で生産する「スマート米」に続き、新たに「スマート玄米」の販売が開始された。プロジェクトを行う「スマート農業アライアンス」への参加団体は1000件を突破。無償で先端技術を使った生産を試し販売できると、参加農家も増加中だ。

「スマート米」に続き「スマート玄米」販売開始! 参加農家も募集

ソーラーシェアリングのメリット・デメリットは? 費用はどれくらいかかる? 収益はいくら? など、気になるポイントが語られる無料セミナーが各地で開催! ソーラーシェアリング導入検討中の農家は必見だ。

【参加無料】ソーラーシェアリングセミナー、3/16(土)より各地で開催!

産業用として実用化が進んだドローンだが、いよいよ農業用途でも盛り上がり始めている。実証実験が多数行われているほか、新しい機体も登場。一部では商業利用も始まっている。ここでは、そんな農業用ドローンの現状をお伝えしよう。

農業用ドローン、どう使う? スマート農業に欠かせないセンシング技術

国内のあらゆる産業において「生産性の低さ」が指摘されているが、とりわけ農業についてはそれが顕著である。そこで今回は農業生産に関する「生産性」の求め方について整理した。農業現場でよく使われる「反収」だけでない、3つの指標をチェックすることが、働き方や経営拡大の方向性のヒントに!

【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?

農家の働き方を改善してくれる、今年注目のAIシステム&ロボットをご紹介! 最新技術を活用すれば、農業の未来が大きく変わりそうだ。

“完全自動化農場”も……!? 国内外の最新「AIシステム&ロボット」9選

2019年3月16日、東京流通センターにて農業に特化した大規模な就職・転職フェア『アグリク2020』(後援:農林水産省)が開催される。豪華なセミナーや座談会、業界研究ツアーなど、有益な情報が得られること間違いなしのイベントだ!

農業と食の就職・転職フェア『アグリク2020』が3/16(土)開催!

農業にICTを導入すれば、作業効率を飛躍的にアップすると同時に、人為的なミスによるロスなども減り、ひいては収益アップにつながる。万人に使いやすい家電を開発してきたパナソニックの「栽培ナビ」は、デジタル機器が苦手な人にもオススメだ。

デジタル機器が苦手な人でも! 「ICT活用」に最適なツールはコレだ!

日本酒の原料に向いている「酒造好適米」。これを使うことで、日本酒本来の味と香りがいきる。しかし、現制度では酒造好適米には農水省からの補助金が出ないため、費用削減ができない現状がある。

酒造好適米には補助金が出ない? 日本酒の品質向上が難しい理由

トラクタにもICTの波が来ている。効率的な農作業を実現するため、高機能化が進んでいるのだ。もっと快適に、もっとカッコいい。近未来感が押し寄せる最新トラクタをピックアップ!

あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

1 2 3 4 61

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 熱気に包まれた「全国青年農業者会議」の2日間。全国の若手農家が集結
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. 発芽・育苗を成功させるならコレ! ダークピートを使った”超人気培土”
  7. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 「先端技術アワード農業2.0」で登場した3つのITサービス
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル