注目キーワード

投稿一覧

少子高齢化が進み、現在、農業従事者の8割強が高齢者と言われている。さらに農業従事者数は40年前と比較すると約半数、農業を継ぐ者の数も激減した。そんな中、国家を挙げて日本の農業を守っていこうとする動きが注目されている。そこで未来を担う「農業承継」を徹底解説する。

農業承継とは?成功させるためのコツ・種類やメリット・デメリットを徹底解説!

生分解性マルチは、作物収穫後に土壌中にすき込むと、微生物により水と二酸化炭素に分解される資材。一般的なポリマルチ並みの生育収量を確保でき、代替資材として利用できる。改めてその仕組みやメリットについて理解しておこう。

【生分解性マルチの基礎知識】メリットや注意点、ポリマルチとの違いは?

クラストップレベルの軽さ&高性能エンジンによるハイパワーを実現する、エンジン刈払機「SRE2731UT」を試してみませんか?こちらの製品を体験いただいた感想を、編集部が取材・撮影に伺います。取材後には記念品も贈呈させていただきます!

【製品モニター募集】超軽量&ハイパワーな共立の新エンジン草刈機を体験しよう!

2015年の国連総会で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で掲げた目標、「持続可能な開発目標(SDGs)」。持続可能な畜産の実現のために注目されている、「抗生物質や酸化亜鉛を使わない養豚・養鶏」の現状とは……

持続可能な養鶏・養豚へ。進む抗菌剤や酸化亜鉛の使用規制

日本農業は人手不足に苦しんでいる。それが原因で収穫適期を逃すと、食品ロスが発生してしまう。しかし人手不足の状況は、改善される見込みがない。この苦しい未来に立ち向かうべく、エア・ウォーターと東京大学生産技術研究所が共同研究を行っている。

「予測」と「観察」で日本農業の未来を切り開く! エア・ウォーター×東大生研の研究に迫る

秋田のいぶりがっこ、青森のにんにく漬け、京都の千枚漬け……。全国各地の特色ある漬物、とりわけ大量生産ではない手作り漬物の味わいは、多くの人に食の楽しみを提供してきた。しかし、その楽しみも享受できなくなるおそれがあるのだ。

名物お漬物が消える日 改正食品衛生法の経過措置が5月末で終了

生分解性素材は使用後に水と二酸化炭素とに分解される。これを農業資材に活用することで、環境負荷を下げ、労働時間を削減することができる。ここでは、生分解性素材を活用した注目資材を紹介する。

「生分解性」なら水と二酸化炭素に分解される! 生分解性マルチ&生分解性ポットに注目

近距離での販売は、地産地消につながり、鮮度の劣化も抑えられる。地域に密着した新しい短距離輸送として、地域限定の会員制直売ECサービス「地産Market」と、農家自らが仕入れから輸送までを行う森畠農園をピックアップ。

【物流2024年問題】「地域限定直売サービス」地元の販路を開拓して課題を解決!

米の有機無農薬栽培でネックになるのは雑草対策だ。除草剤を撒かない=手作業での除草作業は重労働で、これが規模拡大の障壁となる。そこで使われているのが、オーレックの「WEED MAN」だ。

株間の除草も可能に!作業効率化で米の有機無農薬栽培の規模拡大に貢献

前回取り上げた「物流2024年問題」。大ロットでの輸送を必要としない農業法人や個人農家などの「小さな物流」には、複数の生産者が共同でトラックをシェアするような取り組みも有効。デジタルツールを活用した地産地消の共同配送を全国展開する「やさいバス」を紹介しよう。

【物流2024年問題】市場を介さない「やさいバス」地産地消の共同配送で物流コストをカット

1 2 3 143

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 農作物・畜産の悩みに海藻が効く? 「アスコフィルム・ノドサム」の効能に注目!...
  2. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  3. 絶品の柑橘、高評価の要は「光センサー」。ふるさと納税サイトで売上アップへ...
  4. 水田除草もスマート化! これから活躍が期待できる除草ロボット3選
  5. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  6. 名物お漬物が消える日 改正食品衛生法の経過措置が5月末で終了
  7. 【製品モニター募集】超軽量&ハイパワーな共立の新エンジン草刈機を体験しよう!...
  8. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  9. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  10. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正