投稿一覧

一歩通りを出ればそこはファッションカルチャーがひしめき合う、東京原宿・表参道。この地で、昭和5年からずっとお米で全国をつなぎ続けている精米店。それが、小池精米店だ。今回は、十一年前に三代目として受け継いだ小池理雄さんに、揺れ動く現在のブランド米事情について、お話を伺った。

スゴ腕精米店主が語る! ブランド米のトレンド動向

ファッションとワークウェアの垣根は、どんどんなくなっていっている。仕事のときも自分らしいスタイルを貫けるアイテムが続々登場!

最高のワークウェアで、いつも自分らしいスタイルを

「GAP」認証を取りたいけれど、具体的に何をすればいいの? 取得までにどれくらい時間がかかるの? 気になる取得までの流れを紹介。

まるっと説明!「GAP」認証取得までの具体的な流れ

高齢者でも管理がしやすく、観光農園や6次化の需要もあるとして、千葉県内でも生産量が増加しているブルーベリー。「ソーラーシェアリングにも適した希望の作物」と胸を張る、いすみ市のブルーベリー農家に話を聞いた。

シェアした太陽光でブルーベリー!収穫量や糖度は?

平成28年新規就農者調査によると、49歳以下の新規就農者が3年連続で2万人を超えた。農業に新たに取り組む若者が増える一方、新規自営農業就農者は減少傾向にある。農家の後継ぎ不足の問題は、あまり好転していないといえる。今回の調査内容の詳細をレポートする。

若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?

”農業における優れた取組み”とされ、いま話題の「GAP」。GAPは「する」ことで適正な農業経営管理が確立されるため、それだけでも大きな意味を持つ。認証をとると、取得前と比べてどのようなメリットがあるのだろうか。

今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?

現在日本における農業就業人口の平均年齢は65歳を超え、さらに深刻になりつつある農家の高齢化問題。そんな中、次世代の農業を担う山形県の若手農家たちが「このままでは農業の未来が危ない」と立ち上がり、新たな取り組みをスタートした。

若手農家の生産物だけを扱うECサイトがオープン!

茎葉吸収移行型除草剤、“エイトアップ”。希釈液は土の中の微生物によって自然分解されるため、土壌に優しく安全だ。ジェネリック品(特許切れ品)のため、コストパフォーマンスが非常に高いのも嬉しい。

除草剤にも「ジェネリック品」があるって知ってた?

農産物直売所と生産者間のスムーズなやりとりを実現すべく、AI(人工知能)とクラウドを使った日本初サービスの開発が進んでいる。

売場を見える化!店舗と生産者をつなぐ新サービス

圃場環境を「見える化」してスマートフォンやPCなどで栽培に役立てるITセンサー。なかでも、広い圃場の「見回りの省力化」に便利と、ハウスだけでなく水田や畑でも導入が広がる「ミハラス」に注目。

「ミハラス」は他のITセンサーと何が違う?

1 2 3 22

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. 嘘、この価格で? クラウド導入でハウス環境最適化
  3. 業界初!収穫効率を上げる「自動ロス制御」コンバイン
  4. 第1回次世代農業セミナー[無料] 11/24(金)開催!
  5. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  6. なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法
  7. GAP認証は3種類ある? それぞれの構成と特徴
  8. やらなきゃ損! いま話題の「GAP」ってなに?
  9. 産地・産業振興に繋げる”6次産業化2.0″とは?
  10. 若手農家の生産物だけを扱うECサイトがオープン!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2017年10月11日発行

お詫びと訂正