注目キーワード

投稿一覧

2020年8月に行われる、フットウェアメーカーの撮影に参加していただける20~40代の農家の方を募集!

【募集】農家モデル募集! 8月撮影、雑誌WEBサイト&フットウェアメーカーHPなど出演!

世界ではどのような畜産技術が開発されているのだろうか。ドイツでも、新たなスマート畜産サービスが登場している。今回は「クラウドベースのスマート給餌ソリューション」を紹介。

飼料の最適な配合率が簡単に算出できる! ドイツ発の”スマート給餌ソリューション”

スマート農業の普及により、イチゴ農家のチャレンジを支えてくれるアイテムも日々進化を遂げている。今回は、作業や販売時に役立つアイテムを3つご紹介。今注目のアイテムはこれだ!

作業効率化を目指すいちご農家必見! 作業や販売時に役立つスマートアイテム3選

農作物に被害を及ぼす病害虫や雑草を、写真からAIが診断し、有効な薬剤情報を提供するスマートフォンアプリ『レイミーのAI病害虫雑草診断』。その実力を探るべく、栃木県大田原市の若き水稲農家・阿久津清尚さんがアプリを初体験。実際の使い心地について訊いた。

【農業初心者でも安心】雑草識別&病害診断ができる、AIアプリの実力とは!?

世界的な潮流となっているアニマルウェルフェア。快適な環境下での飼養管理のため、そして労働力不足のなかでの効率化のため、注目されているスマート技術の活用について、学んでみよう。

IoT導入でトラブル対応の迅速化へ! スマホですべてを「見える化」した注目の養豚場

全国の野生動物による農作物被害は、1年間で約159億円*に上るという。しかし、正しい知識を身につけ、適切な対策をすれば、鳥獣被害は確実に減らすことができる。今回は動物の行動心理研究から最適な攻略法を導く、鳥獣害エキスパートに話を伺った。

野生動物による農作物被害を事前に防ぐ! 鳥獣被害対策マニュアルQ&A

農業参入後の黒字化や、さらなる事業拡大には、何が必要となるのだろうか? 幅広い領域でコンサルティングを行うタナベ経営による「アグリビジネスモデル研究会」で学べる、ポイントの一部を紹介しよう。

【視察・講演会】自社の成長に何が必要かを知る! ビジネスモデル再構築のためのポイント

写真を撮るだけで害虫・病害・雑草の診断ができる、画期的なスマートフォンアプリ『レイミーのAI病害虫雑草診断』。今回は「お米アドバイザー」の認定を持つ米問屋であり、食味豊かな「ホタル米」を栽培する米農家・安藤純一さんに、その実力を早速試してもらった。

雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた

スポーツ用品開発のノウハウを活かした「猛暑対策グッズ」が、ミズノ公式オンラインショップと全国のミズノ取扱店で5月から随時発売。猛暑対策に対応するため、農作業時にも使える機能性アイテムが豊富に揃っている。

夏の最新暑さ対策! 農作業時にかかせない注目の”ミズノクーリングラボ”アイテム

株式会社CuboRexは、既存の手押し一輪車を電動化できるキット「E-cat kit」の一般販売を2020年10月から開始予定。現在予約を受付中だ。一輪車に合わせた設計を施し、あらゆるフレームに取付け可能。作業負荷を軽減できる注目アイテムだ。

手押し一輪車を電動化へ! 作業負荷を軽減できる改造キット「E-cat kit」とは

1 2 3 90

特集企画

アクセスランキング

  1. 雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた...
  2. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 【出展受付中】日本全国の農業関係者が集う 「オンライン展示会」が8月よりスタート!...
  5. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正