就農

就農したい若者必見!農業のことは生産1位の県に聞け

農業に興味のある若者集まれ!米や野菜など、日本の農業を支える重要な産地・新潟県が、ポータルサイトを開設。高齢化が進む農業界では就農者以上に農業から離れる人の方が多く、農家が減少している。この状況を打破するため、全国の後継者候補とリタイヤする県内農家を結びつける仕組み「就農にいがた・スタートナビ」がオープン!

就農者を呼び込むには
農業の経営資産の継承がカギ?

新潟県は全国で生産1位のお米をはじめとし、野菜や果物、花き類の生産も盛んで、幅広い品目で日本の農業を支える重要な産地だ。新規就農者の数は多少の増減はありつつも、近年は増加傾向にある状況だという。しかし、全国の傾向と同じく、高齢化が進む農業界においては就農者以上に農業から離れる人数の方が多く、農家が減少している。

この状況を打破するためには、身内だけの後継者探しに頼るのではなく、県内、そして全国の就農に関心のある方々を後継者候補として考えていく必要がある。就農の地として新潟県を選んでもらうためには、就農してみたいと思っている全国の若者とリタイヤする県内農家を結びつける仕組みが必要だ。

そんな双方にとってメリットのある仕組みを設けたのが、「就農にいがた・スタートナビ」だ。

これまでの豊かな生産を支えてきた新潟県の農業技術と農地、機械などの設備を次世代の担い手に引き継ぎ、スムーズな資産継承をすることこそが、新規就農者の定着と事業活動をいち早く軌道にのせることにつながる。

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  3. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  4. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  7. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  8. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  9. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  10. 病気を防ぎ、効率的なイチゴ育苗へ! 革新的なトレイ“カタツムリポット”がスゴイ!
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正