道工具・資材

ボイラーの選び方次第で、燃料代が1/3になる?

地域で出る農業残渣を安価な燃料として使える、バイオマスボイラーが登場。もみ殻や豚糞であれば燃料代0円ということも!ランニングコスト削減に効果的な商品を紹介。

バイオマスボイラーは
安定した燃料調達ができない?

これまでの重油ボイラーをバイオマスボイラーに代えれば、燃料コストを大幅に削減でき、捨てられていた農業残渣をエネルギーに変えることが可能となる。

近年、化石燃料を使わないエコな熱源としてバイオマスボイラーへの関心が高まっているが、安定した燃料調達が難しいことなどから、普及はそれほど進んでいない。

もみ殻から菌床まで
農業残渣を燃料に

この点、翔栄クリエイトのSBB(翔栄バイオマスボイラー)なら、ほとんど全ての農業残渣に対応するので燃料調達には困らない。木質チップや木質ペレットはもちろん、もみ殻や竹、菌床や牛糞など、燃焼が困難とされてきたものまで完全燃焼が可能。そのため、地域で出る農業残渣を、安価な燃料として安定的に調達することができるというわけだ。

燃料代が1/3以下になるかも?

木質チップであれば燃料代は重油の1/3程度、もみ殻や豚糞であれば0円ということも少なくない。ランニングコストの削減効果には計り知れないものがある。炉を傷めることなく、長年の使用に耐え得る点も大きな特長だ。

その上、SBBは「温水」だけでなく、「温風」や「蒸気」としても熱を取り出すことができる。一般的な導入例として、ハウスでは温水による温度調整を行い、キノコの菌床には温風を送るなど、作物や施設に合わせた高効率な熱利用を実現できる。施設園芸を行う生産者が導入すれば、事業性が劇的に改善されること請け合いだ。


株式会社 翔栄クリエイト
東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル2F
TEL:03-6894-2211
翔栄クリエイト公式サイト
Web担公式サイト


※『AGRI JOURNAL』vol.3より転載
Text:Kiminori Hiromachi

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. “循環型社会”を体現した体験型施設「KURKKU FIELDS」が今秋オープン!
  3. アイテムを駆使する時代に。いま注目の農業・畜産の最先端技術5選!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  6. スマート農業の入門に最適! 病害予測機能搭載のモニタリングツールを試してみた
  7. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  8. 低コストかつ長期使用可能な低温CO2施用機とは? 地域の人気トマトを「真呼吸」が支える
  9. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル