道工具・資材

ハウス内での高所作業に欠かせない「おすすめ台車」はコレ!

ハウス内の高所作業に欠かせない作業台車。台車を選ぶ際には、強度や昇降高さ、メンテナンス性などが求められるが、今回は、"日本製"にこだわったおすすめの一台を紹介しよう。

ハウス内管理作業台車
『GW-40』

トマト・パプリカ等の誘引、芽かき作業用として、シリーズ累計550台以上の導入実績を持つ「ハウス内管理作業台」。現行モデル『GW-40』はユーザーからの改良要望を取り入れ、昇降高さ(3.08メートルまで上昇)、作業台の長さ、強度、メンテナンス性などが、従来機に比べ大きく進化している。

また、多くの部品は日本製を採用しており、万が一故障した際のアフターフォローも万全。新規ハウスへの導入、所有台車の更新、追加導入などの際に検討したい商品だ。3.08メートルの高さまで上昇するため、高軒高ハウス内の高所作業に役立つ。多くの国内大型ハウスにて採用されている。

<商品概要>

商品名:GW-40
サイズ:W76cm×D167cm×H184.9~429.1cm
重量:340kg
バッテリー:24V(12V×2)

問い合わせ

みのる産業株式会社
TEL:086-955-1123


AGRI JOURNAL vol.11(2019年春号)より転載

Sponsored by みのる産業株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  10. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正