注目キーワード

道工具・資材

除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい

各国で除草剤の利用量を削減するロボット開発が進んでいる。スイスでは、除草剤の散布量を9割も削減したロボットが開発され、実証実験にも成功している。

除草剤利用も
作業コストも削減!

スイスのスタートアップ企業エコロボティックスが開発した「アヴォ」は4本脚の自律走行型除草ロボット。
 
1時間に0.6ヘクタールのペースで圃場を自動走行しながら85%以上の精度で雑草を検知し、中心部に取り付けられた噴霧器によりピンポイントで除草剤を散布する仕組み。上部に装着されたソーラーパネルと着脱式バッテリーにより、稼働に必要な電力は太陽光発電でまかなわれ、1日最大10ヘクタールの除草作業を自動化できる。



除草剤の散布量を従来の約10分の1まで大幅に削減し、作業コストを3割程度軽減できるのが利点。これまでに菜種、テンサイ、タマネギ、豆の栽培で実証実験に成功した。2021年末にも一般発売される見通しだ。
©ecoRobotix Ltd.


text:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.14(2020年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正