注目キーワード

道工具・資材

レーザー照射で雑草の成長を抑制! ドイツで開発された除草剤不要の除草手法とは

除草剤利用を削減できるロボットが各国で開発されている。ドイツで開発されたのは、レーザーで雑草を狙い撃ちできる新たな除草手法だ。

ピンポイントで
除草が可能に

ドイツの研究機関レーザーセンターハノーバーでは、レーザーからの光と生体物質との相互作用を応用し、レーザー照射によって雑草の成長を抑制する新たな除草手法を開発した。カメラを用いて農作物と雑草を判別し、雑草のみを標的にレーザーを照射する仕組み。
 


 
レーザーは農作物や土壌には影響を及ぼさず、土壌の質を保持したまま、雑草だけが枯れる。この手法はデジタル農業ソリューションと統合しやすく、自律走行ロボットや自動運転農機、ドローンなど、様々なプラットフォームに実装できるのが利点。



除草剤を必要としない除草手段として、ニンジンやタマネギ、テンサイといった付加価値の高い農作物の有機栽培などでの活用が見込まれる。
©Laser Zentrum Hannover e.V.


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.14(2020年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 草刈りの安全性と効率アップに! 刈払機に取り付けられるアタッチメント2選...
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 【募集】モニター募集!9月撮影、ロボットによる草刈り作業体験!
  10. 環境改善だけでなく販売や経営にもデータを活用! 生産者を驚かせたクラウドサービス...
アグリク2020

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正