注目キーワード

道工具・資材

有機栽培の強い味方! 温室効果ガス排出0のぶどう園向け除草ロボで環境に優しい栽培を

有機栽培されたぶどうから醸造したオーガニックワインが今、若い世代に人気だ。化学肥料や農薬、除草剤を使用せず、環境にやさしい農法で栽培するには? 今回は、世界初のぶどう園向け除草ロボットを紹介しよう。

2017年に誕生した
「ぶどう園向け除草ロボット」

フランス南西部トゥールーズを拠点とするスタートアップ企業のナイオテクノロジーズは、2017年秋、世界初のぶどう園向け除草ロボット「テッド」を実用化した。

©Naïo Technologies

3000ヘクタール以上のぶどう園を所有するレ・グラン・シェ・ド・フランス(GFC)や南西部ボルドーの著名な生産者ベルナール・マグレ、南部ルーシヨンでビオディナミ農法(生体力学農法)を実践するドメーヌ・カズら、フランス内外のぶどう農家から広く注目を集め、2020年1月までの2年あまりで250ヘクタール以上のぶどう園に計20台以上の「テッド」が導入されている。

また2020年秋には、耐久性を高め、エンジンパワーを向上させた新型の「テッド」がリリースされた。GPSを用いて最高時速6キロで圃場を自律走行しながら、1日最大5ヘクタールを自動で除草。さらに昼夜を問わず、バッテリーで最長10時間稼働する。長さ4メートルの大きさに対して重さは1.8トンと比較的軽量なので土壌が圧縮されづらく、また電動式のため、温室効果ガスを排出せず騒音が生じることもない。

ナイオテクノロジーの特徴は、有力なぶどう農家と提携し、定期的にフィードバックを得ながら、「テッド」の開発を進めていること。2020年6月には、正式なリリースに先立ち、南部プロヴァンスにあるレ・グラン・シェ・ド・フランス傘下のぶどう園で、新型の「テッド」が試験的に導入された。人手をかけず、より効率的に除草できたという。



化学肥料・農薬・除草剤ゼロ!
環境に配慮したオーガニックワイン

有機栽培されたぶどうから醸造したオーガニックワインは、近年、環境への意識が高く、サステナビリティ(持続可能性)に配慮した商品を求める若い世代を中心に、人気を集めている。市場調査会社のリサーチアンドマーケットによると、その市場規模は2024年までに52億3000万ドル(約5648億円:1ドル=108円で換算)に達すると予測されている。

このような消費者の嗜好の変化に伴って、化学肥料や農薬、除草剤を使用せず、環境にやさしい農法でぶどうを栽培する生産者が増えつつある。また、フランスのぶどう農家では、人手不足も慢性的な課題だ。「テッド」は、除草剤に代わり、人手をかけずに除草できる新たなソリューションとして、今後、さらにニーズが高まると見込まれる。


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.19(2021年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正