注目キーワード

道工具・資材

スマート農機を使いこなして、効率的な農地管理を! 注目のドローン・田植え機5選

スマート農業の浸透や、最新技術を駆使した製品の台頭に伴い、農業界にも変化のときが来ている。ロボットやドローンを使いこなして、効率的な農地管理を実現しよう。

GASSTAR 1


獣害対策
ガソリン及び飛行中のバッテリー充電によるハイブリッドエンジン搭載で、2時間の飛行を実現。農地の監視と併せて鳥獣の追い払いにも効果が期待できる。
価格:要問合せ
 
問/KMT
TEL:03-6257-1197
 

Parrot Bluegrass Fields


センシング
内蔵ストレージを備えるマルチスペクトルカメラSEQUOIA(セコイア)を標準で装備し、作物の発育状態を色で一目で把握可能。ドローンの動きによるブレを抑制するグローバルシャッター採用。
価格:550,000円(更におトクになるスマート農業応援キャンペーン実施中)
 
問/KMT
TEL:03-6257-1197
 

飛助MG 20年型


農薬散布
国内生産で耐久性が高く、準備時間は1分で完了!自動飛行や直進アシストを装備し、独自特許取得の散布システムによるWダウンウォッシュ散布が特徴。価格:980,000円
 
問/MAZEX(マゼックス)
TEL:072-960-3221



直進アシスト田植機
YR8D


自動直進機能を搭載した直進アシスト田植機。簡単な操作で誰でもまっすぐ正確な植付けを実現。旋回時の一連作業も自動化され、ハンドル操作のみでスムーズに作業できる。
価格:2,855,000円~4,945,000円
 
問/ヤンマーアグリジャパン 農機推進部
TEL:06-7636-6264
 

アグリロボ田植機
NW8SA-PF-A


業界初となる自動運転が可能な田植機。監視者がほ場周辺にいる状態で、旋回も含めて自動で田植え作業を行うことができる。
価格:6,250,000円(ディーゼル 8条式 無人仕様) 

※2020年10月発売予定

 
問/クボタ
TEL:0120-131391


AGRI JOURNAL vol.14(2020年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  3. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 農作業の効率化も人材マッチングもスマホ1つでスムーズに! 注目のスマホアプリ6選...
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/14(水)発行!
  9. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  10. 中規模から大規模へのステップアップをサポート! “日本型”大型ハウス利用で高収量&安定生産を実現...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正