注目キーワード

道工具・資材

農業をオシャレに! 次世代農家ウェア4選

オフの日や出荷時など”ここぞのとき”のお洒落作業着。そんな服は見た目だけじゃなく中身も大事に選びたい。一目おかれる次世代農家ウェアをご紹介!

栽培から仕上げまでこだわる
オリジナルワークシャツ

aj_fas20161031_07

Work shirt 38,000円

徳島県上板町を拠点にNYでも活動する若き藍師・染師集団BUAISOU。藍の栽培から藍染液の染色など、製品に仕上げるまでを一貫して行うことで、日本の藍文化を守りつつ、ジャパン・ブルーを新たな機軸で伝えている。シャツは、綿100%の丈夫で伸縮性がある綾織生地を使用。袖部分には荒い作業に耐えられるよう補強が施された。

問/BUAISOU www.buaisou-i.com


洗い加工という“ひと手間”
ダブルニーのワークエプロン

aj_fas20161031_02

MASTROダブルニーエプロン 10,584円

身近にあるモノに新たな付加価値を持たせて届けたいというコンセプトを持ち、洗い加工で、日本人の感性による繊細な“ひと手間”を追及。地元・岡山市、倉敷市との調和に重きを置き、近隣地域で生産されている。見た目はオーバーオールのようなビンテージワークエプロン。ダブルニーの仕様、バタつき防止のホールドテープなど、機能性は抜群!

問/イッツアビューティフルデイ 03-5738-8282

12>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま考えよう! 水稲農業のこれから《水稲サミットオンライン》1/22(金)緊急開催...
  4. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  5. 多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  10. 防除や収穫・データ収集まで自動化! ノルウェー発農業用モジュール型ロボット...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正