生産者の取組み

<若手農家の挑戦>限界集落への移住、成功なるか?

地方に移住したい————。働き方が多様化し、田舎暮らしに憧れる若者が増えている。しかし、誰もが地方に行けば、理想の暮らしが手に入るわけではない。幸せな移住生活を実現させるために必要なものは何だろうか。 2014年、限界集落に移住した田畑勇太さんが語る地方移住のリアルとは?

一目惚れした
この土地で暮らしたい

人口約70人、平均年齢は72歳ほど。高知県大豊町の怒田(ぬた)集落は、限界集落の定義を大きく上まわる。幾重にも連なった小さな棚田には、南国高知の明るい太陽が降り注ぎ、たわわに実る柚子が木々を黄色く染めている。

「美しいこの景観に心奪われ、移住を決意しました」話すのは、愛知県出身の田畑勇太(28歳)さん。きっかけは、大学2年生のゼミ活動で限界集落の勉強に訪れたことだった。教授の車に乗り急な坂道を登ると、目の前に広がったのは人の営みが作りあげた里山だった。
「この風景を守りたい……」。込み上げた想いが、田畑さんを動かした。

田畑さんは在学中、週に1度ほど通っては、農産物の商品化や販路開拓、日曜市での販売などを積極的に行っていた。それは、地域の魅力を発見し、住民との交流を深めることにも役立っていた。

大学を卒業した翌年の2014年、同じく愛知県出身の恵莉さんと結婚し移住した。地方移住を実現するには、住民の受け入れ体制が整っていることは必要不可欠だ。田畑さんは、密なコミュニケーションで信頼関係を築き上げていた。二人の祝宴は集落の会場で行われ、住民と仲間ら100名ほどが集まった。

地域を守る仕事と
有機農業の両立

田畑さんは、自身が惚れ込んだ景観を守りながら、自活する方法として有機農法を選択した。

まずは一年間、近隣の農家に研修生として就農に必要な基礎知識を学んだ。2015年に就農すると、研修で得た知識をひたすら実践した。ようやく3年目に入って、自分のスタイルが見えはじめたという。

現在は、トマトをメインに多品目栽培を行い、農協やスーパーの直売コーナーなどで販売する。学生時代から販売に参加している日曜市では「トマトの味が濃い!」と、お客からの高い評判を得て売れゆきは好調だ。

また、耕作放棄地を作らないために大豆や麦を育て、古くから栄えてきた柚子の手入れも始めた。

「有機農業で生活の基盤となる150万円を稼ぎながら、地域を守るために必要な取り組みを仕事にしていく予定です」と、田畑さんの挑戦は始まったばかりだ。


取材協力・SHARE THE LOVE for JAPAN
SHARE THE LOVE for JAPAN 公式HP


photo: Kentaro Kumon text:Tomoko Kotaka

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  5. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル