生産者の取組み

若手農家必見! 「事業承継」を成功させるポイント

「人・もの・お金・情報・顧客」が揃った状態でスタートする農家の事業承継。今ある強みを活かしながら、新たなビジネスモデルを構築するためのポイントは何だろうか? 宮治勇輔の「こせがれで変わるニッポンの農業」

大切なのは、
ビジョンを掲げること

農家のこせがれには、すでに先代に「人・もの・お金・情報・顧客」という経営資源があり、それを見つめ直す事業承継の機会も与えられている。

先代の経営資源を理解し、強みと弱みを把握、その強みをベースにしながら自分ができることを組み合わせ、新たなビジネスモデルを構築する。それによって自分の代を、経営者として自信を持って舵取りできるようになる。

その時、大切なのはビジョンを持つこと。「儲かりそうだから」「流行っているから」という安易な理由で動くのではなく、「こんな農家になりたい!」というビジョンを掲げ、そうなるには何から着手すべきか、課題はどこにあるのか、どんなアイデアが活かせそうかなどを洗い出す。その上で、先代に対して事業承継を打診することをオススメしたい。



たとえ、先代にビジョンが理解されなくても諦めることはない。一般企業では社内の一事業として、あるいは子会社を設立して挑戦するように、先代の元で新事業として始めるのも方策だ。成功すれば、先代も無視できなくなる。

そうして少しずつ自分の存在感を高めていけば、先代もビジョンを理解し、事業承継にも応じてくれるはずだ。

事業承継とは
「超友好的な乗っ取り」である

自分らしく、実家の農業にイノベーションを起こす。僕も27歳で「宮治養豚」を承継する際、単に父親の仕事を受け継ぐのではなく、生産から顧客の口に届けるまでを一貫してプロデュースすることができれば養豚の仕事に魅力を感じられると思い、ビジョンを掲げて承継した。

事業承継とは、これまで(先代)の価値を、これから(自分)の価値に転換するための「超友好的な乗っ取り」なのだ。

事業承継の年齢が若いほど、承継後の業績が伸びる割合が高いという調査結果もある。

焦らせるわけではないが、早いに越したことはない。いや、今日からでも事業承継に取り組んで欲しい。


プロフィール

宮治勇輔(みやじゆうすけ)

神奈川県藤沢市在住。農家のこせがれネットワーク代表理事。実家の養豚業を継ぎ、2006年に株式会社みやじ豚を設立し代表取締役に就任。一次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にするべく活動中。


AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  4. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新冬号1/27(月)発行!
  9. 世界初! 光合成をリアルタイムで計測する「光合成計測システム」は何が凄い?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正