生産者の取組み

劇場版『おっさんずラブ』で大活躍! 内田理央が農作業を体験するなら……!?

公開中の映画『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』に出演している内田理央さん。ご自身の“野菜”の思い出を聞きました!

新しい取り組みや
美味しい野菜の発信を見つけると
嬉しくなります!

「ニンジンかな!」。

ドラマ出演の度に、その感情豊かな演技力が話題に上る内田さん。「農作業を体験するなら?」という質問に、“だーりお”らしい屈託のない笑顔で答えてくれた。

「土から抜いて、そのままがぶっと食べてみたいですね。自分で育てたニンジンは、きっと買ったものとは違う味がすると思うんです」。

農作業は未体験ながら、子供の頃は祖父の畑から届く野菜を食べて育ってきた。スーパーで売っているものとはどこか違う、大きさや形が不揃いなおじいちゃんの野菜。

「子供ながらに“本当の野菜の味だ”と感じていました。今も手間暇かけて育てられた野菜や、オーガニック栽培のもの、つくった人の顔が見える農作物などに惹かれます。時々マルシェにも行くのですが、新しい取り組みをされている方も多く、素敵だなと思っています」。

そういった農作物の作り手を、買い物することで応援したいとも話す。

現在、昨年の高視聴率ドラマ『おっさんずラブ』の劇場版が公開中。ドラマでは自身の恋心に動揺しつつも彼らを見守り、背中を押す演技が共感を呼んだ。劇場版でもおっさんたちの中で、きらりと光る演技を見せてくれているに違いない。
 

DATA

『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』
8月23日(金)全国ロードショー

――神様、あの日誓った永遠の愛とは一体、何だったのでしょうか…?
ハッピーエンドを迎えたはずの彼らにこの夏、最大のピンチが訪れる。前代未聞のおっさんたちのラブ・バトルロワイアル(五角関係)。その幕が、ついに切って落とされた――。

出演者:田中圭 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉・沢村一樹 志尊淳・眞島秀和 大塚寧々 吉田鋼太郎
配給:東宝

©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

 

プロフィール

1991年生まれ、東京都出身。2014年、『仮面ライダードライブ』で女優デビュー。雑誌『MORE』の専属モデルとしても活躍する。出演作に、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『海月姫』『おっさんずラブ』『向かいのバズる家族』、映画『あのコの、トリコ。』『ここは退屈迎えに来て』など。
 


photo: Daisuke Uchida text: Makiko Fukuda
styling: Akira Maruyama hair&make: Yuka Noguchi

トップス¥27,000(COACH)/OPENING CEREMONY TEL:03-5466-6354、その他スタイリスト私物

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正