注目キーワード

生産者の取組み

台風19号が接近、無理な農作業や見回りはせず安全確保を

10月12日夕方から夜にかけて、大型で非常に強い台風第19号が強い勢力を保ったまま上陸する。暴風域での作業や見回りは避けて、安全確保に努めて欲しい。

台風19号が12日夕方から上陸

連日の報道の通り、10月12日夕方から夜にかけて、大型で非常に強い台風第19号が強い勢力を保ったまま上陸する。気象庁は11日、「風雨が強くなる前、夜間暗くなる前の早めの避難、安全確保をして欲しい」と注意を呼びかけている。

9月に日本列島を襲った台風15号では、ビニールハウスやガラス温室が倒壊するなど、農家が多大な被害を受けた。千葉県によると、農林水産業の被害額は367億6,200万円にのぼっており(9月26日発表)、自然災害の中では過去最大を記録。

今回の台風19号はこれを上回る勢力であることから、さらなる被害も予測される。

台風に備えて圃場や排水路の点検を行ったり、果樹の落果対策に追われていることと思うが、暴風域での作業は大変危険だ。

最新の気象情報をチェックしながら、身の危険を感じたら農作業や見回りは中断し、安全な場所に身をおくよう注意を払って欲しい。

<参考>
気象庁 台風第19号について(10月11日発表)
気象庁公式Twitterアカウント

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 【製品モニター募集】超軽量&ハイパワーな共立の新エンジン草刈機を体験しよう!...
  2. 農作物・畜産の悩みに海藻が効く? 「アスコフィルム・ノドサム」の効能に注目!...
  3. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  4. 名物お漬物が消える日 改正食品衛生法の経過措置が5月末で終了
  5. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  6. 水田除草もスマート化! これから活躍が期待できる除草ロボット3選
  7. 絶品の柑橘、高評価の要は「光センサー」。ふるさと納税サイトで売上アップへ...
  8. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  9. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  10. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正