注目キーワード

生産者の取組み

農福連携で事業を拡大し、地域に新たな価値を! 地域課題を次々と解決する“福祉”の力

直売所やカフェ、農場イベント、移動販売の運営を手がけるほか、農場、養鶏場ともに「JGAP」を取得するなど、先進的な取り組みを続ける「社会福祉法人 こころん」。地域との結びつきのなかで辿って来た、これまでの歩みを聞いた。

昨年開催された「農と食のSDGs~女性の起業と復興」では、フードビジネスに関わる女性が登壇し、活動内容などを発表。本記事では「地域と農業」をテーマに講演した「社会福祉法人こころん」の取り組みを紹介する。

福祉の力を活用し
地域に新たな価値を生み出す

社会福祉法人こころん」は、障害をもつ人々の生活支援センターとして、2005年に設立された。

同団体の利用者の多くは精神障害をもつ人々で、個人差はあるが日常的に働くことが可能だという。そのため同団体では、生活支援に加え、就労支援事業も積極的に手がけてきた。

常務理事施設長の熊田芳江さんは説明する。

「私たちが行っている就労支援事業は、『障害者総合支援法』において『福祉サービス』に位置づけられる事業です。また、『福祉サービス』に含まれる『障害者支援』には、『就労移行支援』『就労継続支援A型・B型』『ジョブコーチ支援』の3つがありますが、『就労継続支援B型』と雇用契約を結び一般就労に近い『就労継続支援A型』を事業として展開しています。


常務理事施設長の熊田芳江さん

「こころん」を設立した当初は、自家製しいたけや味噌の販売など、ごく小規模な事業を手がけていたが、平成18年の「障害者自立支援法」の改訂に伴い、「こころん」の体系を変更する必要性が生じたそう。同時に、新事業の立ち上げも余儀なくされたことから、「直売・カフェ こころや」をスタートさせた。

「『直売・カフェ こころや』は、新鮮な農産物や加工品の販売のほか、ランチやスイーツなどの提供を行う店舗です。立ち上げた当初は、地元農家の方が生産した農産物を買い取り、販売していました」。


直売・カフェ こころやの人気商品、地元産の食材を使ったオムカレー。



その後、東日本大震災の発生に伴い、買い物難民となってしまった人々のため、移動販売も開始。また、住民の大半を高齢者が占める団地では、買い物に行くことが困難な人が多くいることを知ったのを契機に、団地での移動販売も始めたところ、次第に「こころや」が来るのを心待ちにする人が増えたという。


毎週土日に、地域の人々への野菜の宅配と飲食店への卸売を行う。

「こころん」は段階的に事業を拡大しており、現在は、有機野菜や平飼いたまごの生産・販売、平飼いたまごを使ったお菓子を提供する「こころん工房」の運営も行っている。

「最初から6次産業化や事業拡大を目指していたわけではなく、地域の状況などに応じて利用者の方々の仕事を作っていった結果、現在のような規模の事業所になりました。例えば、立ち上げ当初、農業は事業として行っていませんでしたが、農業人口の減少や高齢化を背景に、耕作放棄地が増えていく状況をみて、継ぐ人がいない農場を買い取るなどして農業をはじめました」と、熊田さんはこれまでを振り返る。

「福祉の力を活用することで、地域が抱える問題が解決されるケースがあります。障害をもつ方々が上手に事業に関わることで、地域に新たな価値が生まれるのでは、と思います」(熊田さん)。

DATA

農と食女性協会


Photo&Text:Yoshiko Ogata



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. スマホで豚の体重や枝肉測定をする時代へ! 畜産コンサルのコーンテックの挑戦に迫る...
  10. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正