生産者の取組み

稼げる農家が育つ有機農業の町「綾町」の活気が凄い

有機農業の町として、全国的にも知られる宮崎県綾町。いま、綾町産の野菜が、生産量が追いつかないほど売れている。仕掛け人のNPO法人まちづくりGIFTの齋藤潤一代表に話を聞いた。

モノとコトを伝えることで
喜んでくれる顧客が増えた

綾町は宮崎県の中西部に位置し、総面積の約80%が森林に囲まれる緑豊かな土地だ。昭和63年に全国初の「自然生態系農業の推進に関する条例」を制定し有名になった一方、実体経済を動かすには至っていなかった。

その流れが大きく変わったのは2015年、行政・民間・NPOが職業の枠を超えて「aya100」を立ち上げたことに始まる。綾の魅力を100年後に伝えるために有志のボランティアで運営される団体だ。

経済を動かし「稼ぐ力」をつけるには、顧客のニーズに合ったものを生産することが大切だと考えたaya100チームは、都内レストランのシェフを現場に呼んだ。作り手の思いやストーリーを伝え、畑で食べてもらった野菜は一流シェフたちをも唸らせた。「こんなうまい野菜食べたことがない!」という言葉は農家の自信につながった。また、取引が決まったレストランでは、綾の野菜を使ったイベントを行い、農家を呼んだ。

aj_aya20161220_004

「買い手の気持ちになって作ることが、何より大切です。だから、自分たちが作ったものが食べられる現場を見てもらう。それ以上、僕らが農家さんに教えられることは何もないです」(齋藤さん)。

さらに、地元宮崎県でも「綾の旬の野菜バル」を行い大盛況を収めた。農業で成功するには、地元に愛され応援される仕組みがあることも重要な要素だろう。農家には、良いものを作っているという自信がつき、さらに良いものを作るモチベーションが生まれた。そして、地域からは応援される流れが生まれ、地元のラジオ局と「稼ぐ農家ラジオ」がスタートした。

齋藤さんが特に意識をしていることは、流れを作りその流れを断ち切らないことだという。

「僕が出来ることは、みんなの歯車がとまっているなと思うときに、新しい人や、新しい見方をするきっかけというオイルを注いであげて、うまく回転する手助けをするだけなんです」(斎藤さん)。

成功の鍵

「自分たちのお客さまを知ること」「自分の強みを知ること」「そして、続けること」。一人ではなく多様性ある知見が集まるチームを作ることで、どんな困難にも立ち向かう力をつける。

aj_aya20161220_002 aj_aya20161220_003

「綾町の魅力を100年後に伝える」という使命のもと、編集長の高橋邦男さん、カメラマンの竹内貴誉詞さん、コーディネーターの森茂美紀さんらで構成された「aya100クリエイティブチーム」が、2015年12月から2016年11月まで1年間、毎月農家さんや農産物を撮影し続けた。写真からは、人の温かさと野菜作りに対する静かな情熱が伝わってくる。今後、都内で展示会なども企画しているそうだ。


文:Tomoko Kotaka
写真:Kunio Takahashi/Jin Takano/Takayoshi Takeuchi

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル