注目キーワード

最新技術

農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!

今後の展開にも期待が掛かる!

現在のところ、実作業のサポートに特化している「AgriBus-NAVI」だが、作業することで取得したデータを利用した「圃場・作業管理機能の提供」をこの2月に開始した。圃場の外形線をGoogle Earthなどから読み込んで画面に表示するとともに、圃場への出入りの時間や作業時間や面積、効率などを自動的に記録。クラウド上にバックアップすることで作業の記録、管理、振り返りをサポートする。

今後について、代表の濱田氏は「Web上での情報閲覧・管理や他のアプリとの連携、それにデータ出力などをサポート予定です。流通、食品産業と連携して作況の予測などにデータを活用、その収益を利用者のに還元することで、今まで圃場に捨ててきた情報を収穫して農業の収益確保に繋げるためのお手伝いに繋げられたら、と思案しています」と語ってくれた。

北海道で生まれた画期的なアプリ「AgriBus-NAVI」は、今後もユーザーの収益確保を支える相棒として進化して行く。初期投資が不要な上、今後の充実が目に見える本製品を今から試しみてはいかがだろうか?


AgriBus-NAVI公式HP


Text: Reggy Kawashima

< 123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正