再エネ・最新技術

農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!

GPSを使ってトラクターの位置と方向を把握して直進運転をサポートしてくれる“農業版カーナビ”の存在をご存知だろうか?そんな夢のような無料アプリを紹介する。

アプリの開発者は北海道にいた!

北海道帯広市にある農業情報設計社は、2014年4月に設立された。企業や団体向けに農業機械の情報化・自動化に関するソフトウエア開発やコンサルティングのほか、農業者対象に農作業に役立つITシステムの提供を行っている。

今回紹介するのは、同社が自社開発したスマートフォン用“農業版カーナビ”アプリ「AgriBus-NAVI(アグリバスナビ)」だ。同社CEOの濱田氏は、同社を設立する前は、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)や農水省で農業機械開発の研究者として勤めていた、いわば“農業機械のエキスパート”。およそ20年程前からロボットトラクターなどを研究してきた経験のすべてを「AgriBus-NAVI」に投入した。

なぜAgriBus-NAVI が必要なのか?

たとえば、肥料や農薬を散布する際、直進しながら等間隔に走るのは実は非常に難しい。重なる部分や散布できない場所があると、肥料・農薬・燃料・労力の無駄が生じるうえ、雑草の繁殖や収穫量減少につながってしまう。

そこで必要とされるのが「AgriBus-NAVI」だ。肉眼では確認できない散布跡や走行軌跡が、アプリを使うことで俯瞰的に地図上に範囲が明示されるため、無駄のない作業が可能になる。作業を見える化することで能率が上がり、アプリを使わない場合と比べて、燃費や散布物のコストを1割ほど抑えられる。年間1,000万円規模の肥料代がかかる大規模農場では、「AgriBus-NAVI」を導入することで大幅なコスト削減の効果を得られ、結果として農家の生産力をあげることができる。

 

123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  10. アイメック農法で高糖度トマトの生産ができる!? 農業女子のミニトマトが売れる理由
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正