再エネ・最新技術

農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!

GPSを使ってトラクターの位置と方向を把握して直進運転をサポートしてくれる“農業版カーナビ”の存在をご存知だろうか?そんな夢のような無料アプリを紹介する。

アプリの開発者は北海道にいた!

北海道帯広市にある農業情報設計社は、2014年4月に設立された。企業や団体向けに農業機械の情報化・自動化に関するソフトウエア開発やコンサルティングのほか、農業者対象に農作業に役立つITシステムの提供を行っている。

今回紹介するのは、同社が自社開発したスマートフォン用“農業版カーナビ”アプリ「AgriBus-NAVI(アグリバスナビ)」だ。同社CEOの濱田氏は、同社を設立する前は、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)や農水省で農業機械開発の研究者として勤めていた、いわば“農業機械のエキスパート”。およそ20年程前からロボットトラクターなどを研究してきた経験のすべてを「AgriBus-NAVI」に投入した。

なぜAgriBus-NAVI が必要なのか?

たとえば、肥料や農薬を散布する際、直進しながら等間隔に走るのは実は非常に難しい。重なる部分や散布できない場所があると、肥料・農薬・燃料・労力の無駄が生じるうえ、雑草の繁殖や収穫量減少につながってしまう。

そこで必要とされるのが「AgriBus-NAVI」だ。肉眼では確認できない散布跡や走行軌跡が、アプリを使うことで俯瞰的に地図上に範囲が明示されるため、無駄のない作業が可能になる。作業を見える化することで能率が上がり、アプリを使わない場合と比べて、燃費や散布物のコストを1割ほど抑えられる。年間1,000万円規模の肥料代がかかる大規模農場では、「AgriBus-NAVI」を導入することで大幅なコスト削減の効果を得られ、結果として農家の生産力をあげることができる。

これがAgriBus-NAVIだ!

「Agri-Bus-NAVI」は、トラクターやコンバイン、自走式スプレーヤーなどの農業機械・農用車両に搭載して、圃場内の直進作業をお手伝いしてくれる、Android OS用GPSガイダンス(GNSSガイダンス)アプリだ。専用端末を購入する必要はなく、今あるスマホ・タブレットにインストールして画面表示を確認しながら車両を運転することで、広い圃場内でまっすぐ、等間隔に農作業を行うことができる。

対応する端末は、Android 4.0.3 以上のスマホ・タブレットであり、特筆すべきは、アプリのダウンロードが無償である点だ(広告表示型で無償のインストール)。使用に際しても費用は発生しないが、定期購読型購入(年間6,000円=月額500円相当)による広告の非表示オプションが用意されている。

「AgriBus-NAVI」を使用するのに必要な機材等としては、唯一、外部接続型のGPS/GNSSが推奨されている。端末内蔵のGPS/GNSSは精度が不足するためだ。Bluetooth/USB接続に対応する外付けのGPS/GNSSを用意しよう。

今後の展開にも期待が掛かる!

現在のところ、実作業のサポートに特化している「AgriBus-NAVI」だが、作業することで取得したデータを利用した「圃場・作業管理機能の提供」をこの2月に開始した。圃場の外形線をGoogle Earthなどから読み込んで画面に表示するとともに、圃場への出入りの時間や作業時間や面積、効率などを自動的に記録。クラウド上にバックアップすることで作業の記録、管理、振り返りをサポートする。

今後について、代表の濱田氏は「Web上での情報閲覧・管理や他のアプリとの連携、それにデータ出力などをサポート予定です。流通、食品産業と連携して作況の予測などにデータを活用、その収益を利用者のに還元することで、今まで圃場に捨ててきた情報を収穫して農業の収益確保に繋げるためのお手伝いに繋げられたら、と思案しています」と語ってくれた。

北海道で生まれた画期的なアプリ「AgriBus-NAVI」は、今後もユーザーの収益確保を支える相棒として進化して行く。初期投資が不要な上、今後の充実が目に見える本製品を今から試しみてはいかがだろうか?


AgriBus-NAVI公式HP


Text: Reggy Kawashima

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. 農作物の異常を自動診断するスマホアプリがすごい
  3. 成功する農業!注目が高まる『農福連携』のポイント
  4. 農家後継者が成功する5つの要素
  5. 栽培の気づきは腕に書く! 農作業用の新感覚メモ!
  6. 成功する農業! 利益を出す作物の選びかた鉄則5ヶ条
  7. 「地元に恩返し」乃木坂46井上小百合、農業への想い
  8. 資金調達/コスト減 農業競争力強化支援法って何?
  9. 便利なコツをシェアします!梨農家の想いに支援続出
  10. なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.05 / ¥0
2017年10月11日発行

お詫びと訂正